人気ブログランキング |

アゲイン!!(2) (KCデラックス)

久保 ミツロウ / 講談社

スコア:

アゲイン!!(2)
おおおお~~少年漫画になっとるよ!
金ちゃん連載当初と別人のように感情駄々漏れ。

坂道のアポロン 8 (フラワーコミックス)

小玉 ユキ / 小学館

スコア:

坂道のアポロン 8
収束に向かってるんだなぁ。少年期の終わりです。
by tamaki_jnb | 2011-12-06 23:46

放浪息子 12 (ビームコミックス)

志村貴子 / エンターブレイン

スコア:

放浪息子 12
ちゃんと一つずつ階段踏んで大きくなってるなぁ。
竹に雪が積もってたわんでも、ある時ざざっと振り落として真っ直ぐに戻る清々しさを感じます。

僕らはいつも 8 (マーガレットコミックス)

藤宮 あゆ / 集英社

スコア:

僕らはいつも 8
ったく、鷹月さんも少女のようだぜ。
by tamaki_jnb | 2011-10-09 23:10

3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)

羽海野チカ / 白泉社

スコア:

3月のライオン 6
戦争が無くても、衣食住が足りてても、

命がけで戦っている子供たちがいて、その姿には

生半可な慰めや励ましはためらわれ、

かつて自分も子供だった時、
そういう戦いをしている友達の姿を、見守ることさえはばかられた。

戦っていた子の気持ちも、何も出来なかった子のことも、
羽海野さんは掬いあげています。



漫画作品は、
描きながら作家自身の子供時代の問題を消化してる作品と、
そういうものを卒業し成熟した視線でエールを送る作品と
2種類あると考えています。

羽海野チカさんの作品はこの両方です。


ダ・ヴィンチ9月号のインタビューで、
二階堂が病気を抱えながらエネルギーの全てを将棋に注ぎ、
「将棋盤の上ならいくらでも暴れられる」話から、ご自身の

「私も子供の頃、友達とするべきだった会話や遊びの時間を全部、絵を描くことと
物語を読むことに費やしたので。(中略)
あの子ども時代に意味を持たせるには、マンガ家としてちゃんと成功
するしかなかった。」こと、

小学生のころ、5巻の小さな零君のように、茂みに隠れてやりすごし、
「これを描けば、同じく草の中に隠れていた人たちが”ああ、わかるよ。羽海野さん”って
言ってくれると思って描きました」というお話に、

毎号心身を削るようにして描いてるんだろうなと画面から伝わる熱は
ここからくるんだなぁと感じました。


零の進む姿に、もろいプライドが何に支えられて強靭になって行くかを見、

零くんとひなちゃんの
弱さを知った者同士が互いを支えにして踏ん張る姿に胸を熱くしつつ
青春の大気圏突入☆させられてます。

スピカ 〜羽海野チカ初期短編集〜 (花とゆめCOMICSスペシャル)

羽海野チカ / 白泉社

スコア:


by tamaki_jnb | 2011-10-05 23:04

きのう何食べた?(5) (モーニングKC)

よしなが ふみ / 講談社

スコア:

きのう何食べた?(5)
のっけから富永さんご主人と、小日向さんの登場で引っ張り込まれました。
トマトの味噌汁、やってみたいけど、度胸が無い。
ゲイを隠すためにいっぱい嘘をつくって、あーそーなのかーでした。
そして、オネエは入ってないけどオバチャンが入ってるって、シロさん男前なのに…

必ず入っている家族の話。
ご両親とシロさんとの埋めきらないズレが可笑しくって少し物悲しいです。

ピアノの森(20) (モーニングKC)

一色 まこと / 講談社

スコア:

ピアノの森(20)
発売日が何度も延期されて、やっと手元に来ました。
表紙の海くん、愁いを帯びてます。

良い子ばっかりだねぇ…
by tamaki_jnb | 2011-09-28 23:41

アゲイン!!(1) (KCデラックス)

久保 ミツロウ / 講談社

スコア:

アゲイン!!(1)
高校三年間、友達もできず、なーんにもしなかった男の子が、
卒業式の日から入学式にタイムスリップして高校生活をやり直すお話。
脇役のチアリーダーの子が黒くて黒くて。
少年誌にこういう子を描けるようになってよかったなぁ(のか?)

ヒロイン失格 1 (マーガレットコミックス)

幸田 もも子 / 集英社

スコア:

ヒロイン失格 1
腹黒女子つながりで。
こちらのはとりちゃんは、腹黒いというより、本音を隠さない愛嬌ある子です。
変顔がすごい。
by tamaki_jnb | 2011-09-24 00:06

君と僕。(10) (ガンガンコミックス)

堀田 きいち / スクウェア・エニックス

スコア:

君と僕。(10)
祐希が一杯出てます。テンション低いから、一見活躍してないけど活躍してます。
11巻の学ラン楽しみですね!!! 

堀田きいちOFFICIAL FANBOOK 君と僕。 -AFTER SCHOOL-

スクウェア・エニックス

スコア:

迷ったけれど買って良かった♡
カラーイラストが、ふんわり ほのぼの ちょっとギャグ で、
浅羽兄弟がかっこよくて惚れ惚れしました。
5人でじゃれ合ってる絵がやっぱりいいです。

インタビューで、以前はもっとギラギラした絵を目指していたけれど、ある時期から
見た人を幸せにする絵を描きたいと思い始められたそうで、
そうでよかったなぁーとつくづく思いました。

軽やかな線が、穏やかに感じられたり、たまらなく色っぽく見えたり、
何でこんな線が描けるんだろう。

巻末に志村貴子さん、羽柴麻央さんがトリビュートイラストを寄せていて、
好きな作家さん同士仲良しさんのようで、嬉しくなってしまいました。

10月からアニメ化です。オフィシャルサイト→www.kimiboku.tv/
by tamaki_jnb | 2011-09-23 00:09

嫁姑の拳 (秋田レディースコミックスデラックス)

函岬 誉 / 秋田書店

嫁姑バトルといいますが、この作品ではほんとにバトルしてます。
お姑さんが合気道教室の道場主で、お嫁さんがマルチ格闘技家。
朝食の卵焼きの焼き方をめぐってさえ技の応酬になります。
家の中ではそんなんだけど、家族を守るために絶妙のコンビネーションを発揮します。

おおきく振りかぶって Vol.12 (アフタヌーンKC)

ひぐち アサ / 講談社

おおきく振りかぶって 12
野球ってこんなに駆け引きがあるんだなって知ったのがこのマンガです。
が、こんなに戦略関係のネームが多いと読むの大変…
ベンチでのやり取りで息継ぎするかんじです。
by tamaki_jnb | 2009-06-28 21:58

恋物語 (1) (小学館文庫)

さいとう ちほ / 小学館

さいとうちほさんの短編集です。タイトルの通り、テーマは「恋」。
セレブな世界を舞台に、少しエキセントリックな登場人物たちが繰り広げるロマンチックなドラマ。
70年代の少女漫画の雰囲気が濃厚で、懐かしかったです。
初期の作品は、どちらかというと素朴なタッチで意外でした。

結界師 25 (少年サンデーコミックス)

田辺 イエロウ / 小学館

結界師25
大きな盛り上がりに向かっていく気配です。
正守さんどうなるのかなとか、良守と烏森とのつながりの正体とか、良守の修行の行方とか、
早く次が読みたいです。
by tamaki_jnb | 2009-06-20 23:37

バクマン。3

e0174548_2384717.jpg

バクマン。 3 (ジャンプコミックス)

大場 つぐみ / 集英社

バクマン。3
新妻エイジって、こういうキャラだったんだ!
面白いマンガを生み出そうとする目的の前に
大人とか子供とか立場とか二の次なのが面白い。
by tamaki_jnb | 2009-06-06 23:08

e0174548_2151522.jpg

メンズ校 6 (フラワーコミックス)

和泉 かねよし / 小学館

メンズ校 6
書き忘れてた~042.gif
野上とフクの話はキュンとさせられて、この作品らししくちゃんとオトされました003.gif
e0174548_2141123.jpg

不思議なひと (マーガレットコミックス)

安藤 ゆき / 集英社


短編集です。どれも粒揃いの良作なのに、初めてのオリジナルコミックだそうです。
「悪魔のクロエ」が好きです。
by tamaki_jnb | 2009-06-03 21:18