人気ブログランキング |

IPPO 4 (ヤングジャンプコミックス)

えすとえむ / 集英社

スコア:

IPPO 4
そういえば、一歩のライバル出てきてなかったね!お話がまた動き出しそうです。

花井沢町公民館便り(2) (アフタヌーンKC)

ヤマシタ トモコ / 講談社

スコア:

花井沢町公民館便り(2)
人の強さには、日常に小さな良い事を埋め込んでいく強さもあるなあと感じました。
by tamaki_jnb | 2016-06-12 00:26 | 生き方

もういちど、なんどでも。 上 (onBLUEコミックス)

阿仁谷 ユイジ / 祥伝社

スコア:

もういちど、なんどでも。 上 ・下
多郎くんが、大きな不安を持ちながら一見淡々と貴博くんと暮らしてるのが泣けた。
もし現実にこんなことがあったら、やはり外からは平穏に見えるのかもしれないな。

ところで多郎君の仕事なんだろ? 高卒で3つぞろいスーツで夜勤あり、女性用の服のお下がりがもらえるって??

【Amazon.co.jp限定】 さんかく窓の外側は夜 (3) イラストカード付 (クロフネコミックス)

ヤマシタ トモコ / リブレ出版

スコア:

さんかく窓の外側は夜 (3)
いっこも濡れ場がないのいエロイ。
by tamaki_jnb | 2016-04-07 00:00 | BL

サイレーン(7)<完> (モーニング KC)

山崎 紗也夏 / 講談社

スコア:

サイレーン(7)<完>
祝・完結! いやー怖かった。

花井沢町公民館便り(1) (アフタヌーンKC)

ヤマシタ トモコ / 講談社

スコア:

花井沢町公民館便り(1)
ヤマシタ トモコさんの最近の作品はほんとに怖い。
ほのぼのとしたタイトルと裏腹に、理解し合おうとしない人の群れが隔離されるって物凄く怖いお話です。
by tamaki_jnb | 2015-04-03 00:17 | 謎解き

直截な表現はないけれどBL作品。

ぴんとこな 14 (Cheeseフラワーコミックス)

嶋木 あこ / 小学館

スコア:

ぴんとこな 14
今回表紙が歌舞伎の装束じゃないです。
名前呼びイベントのフラグが立ちました。
優奈ちゃん、才能が求められる環境に生れ落ちちゃった普通の子の辛さ、田辺もダメ男のまんまっぽいし、
ううううどうなるんだろー。

【Amazon.co.jp限定】さんかく窓の外側は夜 2 イラストカード付 (クロフネコミックス)

ヤマシタ トモコ / リブレ出版

スコア:

さんかく窓の外側は夜 2
このごろのヤマシタトモコさんの作品は怖いよー。
さんかく窓は、ホラーと束縛で怖い。
by tamaki_jnb | 2015-03-06 08:18 | 仕事

先生の白い嘘(2) (モーニング KC)

鳥飼 茜 / 講談社

スコア:

先生の白い嘘(2)
清水玲子のサスペンスくらい怖い。
自分の中に引き金が潜んでるのに気付かされて怖い。
萩尾望都せんせいの推薦文も超怖い。

運命の女の子 (アフタヌーンKC)

ヤマシタ トモコ / 講談社

スコア:

こちらも似たこわさ。
by tamaki_jnb | 2014-10-22 23:38

フィギュアおばかさん (ウィングス・コミックス・デラックス)

カトリーヌあやこ / 新書館

スコア:

羽生選手がフリーで着た衣装はジョニーウィアーさんのデザインなんですねー。ロマンチック♪それを着こなせる男子が日本にいるんだなぁー。

くうのむところにたべるとこ (マーガレットコミックス)

ヤマシタ トモコ / 集英社

スコア:

その人の変なこだわりが出やすい食べることを、変人を描く名人ヤマシタさんが描いたよ。普通の人が変人に見えるよ。
by tamaki_jnb | 2014-03-22 00:05 | エンタメ

引き続き不思議なお話。

夜さん 1 (ゼノンコミックス)

佐原 ミズ / 徳間書店

スコア:

夜さん 1
佐原ミズさんの作品は、どれもちょっと寂しい。登場人物たちが、優しさで負った傷を持ってるからかなー。

さんかく窓の外側は夜 1 (クロフネコミックス)

ヤマシタ トモコ / リブレ出版

スコア:

さんかく窓の外側は夜 1
ヤマシタトモコさんの新連載。霊がこわいようこわいよう!
山岸涼子せんせいの描く霊の怖さに迫ってると思う…
by tamaki_jnb | 2014-02-14 00:28

ひばりの朝 2 (Feelコミックス)

ヤマシタ トモコ / 祥伝社

スコア:

ひばりの朝 2 (完結)
この作品を読んで、中学から高校にかけての閉塞感を思い出しました。自分では、子供のころ味わった色々な気持ちを忘れてないつもりでしたが、ヤマシタさんのあとがきの「私の感じていたいろいろな怒りを詰め込んだ」を読んで、この感情には蓋をしてたなって気づきました。

子供だというだけで、大人から、社会から、同世代から理不尽に傷つけられること。これから解放されたくて早く大人になりたいと思ってた。 「息を止めて 目をつむる じっと眠」って大人になれるのを待ってた。そうだ、あの感情は怒りだった。

ひばりちゃんは、ただの引っ込み思案な女の子なのに、
大人っぽい外見で子供と大人の境界を曖昧にさせて、子供も大人も不安にさせるから、
理不尽が吹き溜まってくる。本人はただ居るだけなのに、波風が立ってしまう。
その波で、ひばりちゃんも揺さぶられる。不穏な波風だから、彼女の中に立つのも不安な波。
彼女はそれを抱えたまま暮らしてゆくのでしょう。
ひばりちゃんがその外見に見合った年齢になった時、彼女の不安と怒りはどんな形になってるんだろう。

少女ファイト(10) (イブニングKCDX)

日本橋 ヨヲコ / 講談社

スコア:

少女ファイト(10)
10巻もぎっしり詰まっててよ!
練と学の友情、練のトラウマとの対峙、サブキャラのエピソードも熱い。
特に千歳緑の扇田の「本気出せよ!」は熱かった。
最強世代の実態が語られてます。実は現役世代と同じくらいゴタゴタしてたって。
伝説の真理ちゃん、いつか練は彼女を一人の人間として見つめ直す日が来るのかな。
「環」さんてキャラが出てきたー!うれしー!
by tamaki_jnb | 2013-07-29 08:00 | 少女

BUTTER!!!(6)<完> (BUTTER!!! (6))

ヤマシタ トモコ / 講談社

スコア:

BUTTER!!!(6)
祝・完結!
部活ものは初心者が入部して、才能ある脇役に劣等感を感じながらも努力を怠らず、
得意を伸ばして勝てるようになっていく、が、おなじみですが、
実際の部活はもっと人間関係やら、部活を外から見てる人の視線やら、すっごい才能に恵まれてるわけじゃないけど、練習したらしただけ上達する楽しさとかでごちゃごちゃしてて、
そういう意味でリアルな作品でした。
人の痛みが分からない人ってのは前からいるけれど、ネットの匿名性を悪用しての嫌がらせは、
リアルとオンラインからとの二重のダメージを与えられて、本当に腹たつ。

一礼して、キス 1 (フラワーコミックス)

加賀 やっこ / 小学館

スコア:

一礼して、キス 1
年下のドSな男の子がガンガン迫ってきてぽろっと初心な顔を見せるってゆーお話。
by tamaki_jnb | 2013-05-30 08:19 | 部活