カテゴリ:女性( 90 )

おんなのいえ(3) (KCデラックス)

鳥飼 茜 / 講談社

スコア:

おんなのいえ(3)

先生の白い嘘(1) (モーニングKC)

鳥飼 茜 / 講談社

スコア:

先生の白い嘘(1)
すごくて何も言えない作品。
鳥飼 茜さんは女の生きにくさと、それをしのぐしたたかさを描く作家さん。
で、この作品は、一見地味だけど、がんじがらめになっちゃって、暴走寸前の女性が主人公です。
この爆弾、どうなるんだろう…
[PR]
by tamaki_jnb | 2014-03-19 01:06 | 女性

ユーミンの罪 (講談社現代新書)

酒井 順子 / 講談社

スコア:

ふたりのジュンコ、内澤旬子さんと酒井順子さんは私の心の友です。(そういえば大学時代の一番仲良い友達もジュンコちゃんでした。)
酒井さんは同い年、内澤さんは一つ下なのと、負け犬なので近く感じます。

ユーミンが見せてくれたキラキラした世界は、届きそうで、ガラスに隔てられた手の届かない世界だったなあーと、読みながら思い出しました。
ユーミンの歌には守ってくれる男性の気配があります。
独りで生きてゆく、という歌にも「彼には選ばれなかったから」って男の存在がある。

不格好経営―チームDeNAの挑戦

南場 智子 / 日本経済新聞出版社

スコア:

DeNAって、高校の文化祭の熱気そのままに大人の仕事力で運営してる会社なんですねー
[PR]
by tamaki_jnb | 2014-03-19 00:57 | 女性

捨てる女

内澤 旬子 / 本の雑誌社

スコア:

世界屠畜紀行の内澤さんです。
病気をして以来、物が多い空間が苦手になったことと、千葉で豚を育てる暮らしを始めるときと終えた時に知った
捨てまくる快感から、「しまった捨てすぎた」と思うまで捨てていく過程をつづった作品です。

フリーランスの女性が自転車操業で自分で自分を養っていく、不安とさばさばした自由さが満ちてます。

内澤旬子のこの人を見よ

内澤 旬子 / 小学館

スコア:

出先で気になった人をスケッチしてコラムを添えてます。どの人も隙だらけで、普通の人も個性豊かだよなぁと思いました。
[PR]
by tamaki_jnb | 2014-03-19 00:43 | 女性

流星ひとつ/女子会2.0

流星ひとつ

沢木 耕太郎 / 新潮社

スコア:

沢木 耕太郎さんが封印してた藤圭子さんへのインタビュー。引退発表直後の1979年、ホテルニューオータニの40階のバーの一夜に語られました。

冒頭の藤圭子さんの「どうせ話しても伝わらない」、幾分投げやりな受け答えが、
お酒が進み、沢木さんの緩やかに押したり引いたりの話術にほぐれてゆき
引退の底にある理由、家族のこと、幼少期からデビュー、
売れっ子になってから、非日常的な芸能界への違和感が話されます。
あまりに赤裸々な内容に、沢木さんは封印したそうです。
藤さんの自死の後、今伝えなければと編まれた一冊でした。

幸せ不幸せは簡単に言えるものではないですが、
繊細で才能豊かで健気な少女が、結婚して才能豊かな娘を産み育て、
東京の空に身を投げるまでに、穏やかな時間が、楽しい時間が、豊かにあったらと思うばかりです。

女子会2.0

NHK出版

スコア:

名香智子の「パートナー」で、「バカな女ほど幸せをつかみやすい」みたいなことが描かれてて、子供だった当時はふーん?と思ってました。
女声論客が言いたい放題のこの一冊、たしかにのほほんと陽だまりのような幸せに浸るのは、考えすぎないことなのかもしれないなぁと思いました。
けど、陽だまりの縁から忍び寄ってくる冷気や湿気に気付いてしまったら、見えないふりをするか、それらを何とかしようと向き合うしかないんだよなぁーと思いました。┐(´ー`)┌
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-11-20 12:59 | 女性

セクシィ・ギャルの大研究―女の読み方・読まれ方・読ませ方 (カッパ・サイエンス)

上野 千鶴子 / 光文社

スコア:

上野せんせいの若いころの一冊。奥付の写真がかわいい。カッパブックスなのがゲリラっぽいですね。
女ならアタリマエと思ってることはアタリマエじゃないんだよって、この時から教えてくれてたんだねー。

やせる! (光文社新書)

勝間 和代 / 光文社

スコア:

勝間さんが星の数ほどあるダイエット法を総括し、理にかなった方法を実践、成功する一冊です。衒い無く自分のこと「太った中年女性」っていえるのが 勝間さんならではと思います。
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-11-09 08:07 | 女性

ふふふ肉食女子二人。

野心のすすめ (講談社現代新書)

林 真理子 / 講談社

スコア:

真理子せんせい、村山由佳さんに「作家の夫はダメ男じゃなきゃ」っていわれたそうで、村山さんコエー!カッケー!と思いました。

女装する女 (新潮新書)

湯山 玲子 / 新潮社

スコア:

もう一冊湯山さんの本読んでた。
そそ、「私は女」って自覚しながら行動するのって、日常ではごくごく限られてる。
「女装」はコスプレで一歩踏み出せば味わえる非日常。
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-09-28 07:57 | 女性

夜中の薔薇/女性の品格

夜中の薔薇 (講談社文庫)

向田 邦子 / 講談社

スコア:

今よりもずっと、女性が男性と互角に仕事するのが稀な時代に、
認められてた人の緊張感を感じつつ、チャーミングな人柄がにじみ出てました。

女性の品格 (PHP新書)

坂東 眞理子 / PHP研究所

スコア:

女であること、
生物学的な性差と、ジェンダーのそれとを
自分なりに折り合っていくのは面白くもあるしいやんなっちゃうときもある。
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-09-25 01:25 | 女性

虹の娘 (Feelコミックス)

いがわ うみこ / 祥伝社

スコア:


カッコイイ男の子が出てきたと思ったらナルシストの痛い奴だったり、
女の子もちょっと変な子が出てきます。
そういえば、どんな人もちょっとずつ変なものだよね。

Do Da Dancin'! 13 ヴェネチア国際編 (オフィスユーコミックス)

槇村 さとる / 集英社クリエイティブ

スコア:

Do Da Dancin'! 13 ヴェネチア国際編
祝・完結!
大人の少女マンガ読みにとって王道作品でした!
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-09-21 23:48 | 女性

ねむようこさん、ポップさはそのままに、若い女性のどろーんとしたものを濃く混ぜるようになってきました。
わかっちゃいるけど止められなくって入り込んじゃった迷路の景色です。

男の子が欲望でムラムラしてる顔が色っぽい。

くらすはこ (ヤングジャンプコミックス)

ねむ ようこ / 集英社

スコア:


トラップホール 2 (Feelコミックス)

ねむ ようこ / 祥伝社

スコア:

トラップホール 2 (Feelコミックス)婚約破棄をきっかけに自分を変えたくて動き出したのに自分が何なのか分かんなくなっちゃったアラサー女子。はじけたまえー。
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-08-27 07:58 | 女性

恋と軍艦(3) (講談社コミックスなかよし)

西 炯子 / 講談社

スコア:

恋と軍艦(3) (4)
少女の素朴な初恋や、クラスをまとめようと奮闘したり、素人の女の子が映画の主役に抜擢されたりの、少女漫画の王道な展開が西さんの作品では新鮮なのと、
町の大人の確執や、町長さんと漫画家のなかなか明らかにならなくてじれったい関係がなかよしでは特異なんじゃないかなーと思いながら読みました。
巻末の読者の投稿イラストに、町長さんと漫画家が意味ありげに寄り添うのが多いのが、
おう なかよしで腐女子の培養かぁー西さん編集さん攻めてるなーと思いました。

姉の結婚 5 (フラワーコミックスアルファ)

西 炯子 / 小学館

スコア:

姉の結婚 5
ヨリちゃん、堂々巡りから抜けてさばっとしてます。はて真木先生とはどうなるのかしら。その前に夢幻堂先生がどう絡んでくるか楽しみだなー♡
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-08-10 00:59 | 女性