浪漫のお国で逢いましょう/今日も月が綺麗

木下けい子さんは純文学の香りのする作品の印象があったのですが、
この作品たちはラブコメです。面白い。
どちらの作品も、栗色短髪の攻めが上目遣いに起こった顔がカッコイイ。
「月が綺麗ですね」ってキーワードも共通です。

浪漫のお国で逢いましょう (CHARA コミックス)

木下けい子 / 徳間書店

スコア:

大正時代の青年同志が英語で愛をささやくのが新鮮でした。

今日も月が綺麗 (ディアプラス・コミックス)

木下 けい子 / 新書館

スコア:

同棲カップルの痴話げんか、意外と可愛かった♪
[PR]
by tamaki_jnb | 2015-01-28 08:32 | BL