人気ブログランキング |

夢見る惑星全4巻/ワン・ゼロ全4巻

佐藤史生さんの作品一式をまんが友達のIさんに貸していただきました。
貴重な蔵書です。

夢みる惑星 (1) (小学館文庫)

佐藤 史生 / 小学館


ワン・ゼロ 1 (プチフラワーコミックス)

佐藤 史生 / 小学館



この2作品は学生の頃繰り返し読みました。
のちの作品に比べてエンタメ色が強くて入りやすかった。

ラストのイリスが駆け出すシーンは今読んでも心躍りました。

でも、この終わり方は佐藤史生さんの作品の中では異色だったんですね。
他の作品は、もやーっとした終わり方が多いです。

ワン・ゼロで描かれた世界と現代、追い越してるところと、まだ追いついてないところがあって、
そのあたり面白く読みました。

コンピューターが人格を持つには至っていない(多分)けれど、
依存の度合い、暮らしへの浸透度、
物の考え方行動様式への影響は計り知れない。

人格を持ったコンピューターに支配されてはいないけれど、
違う形で支配されつつあるのかしら。

デジタルの世界と、精神世界との干渉については消化不良です。
by tamaki_jnb | 2010-08-13 20:33 | ファンタジー