ましろのおと(15) (講談社コミックス月刊マガジン)

羅川 真里茂 / 講談社

スコア:

ましろのおと(15)
帯の「『解放』そして『到達』」の通りでした。
大人になる道のりは色々です。ひたすらに歩き続けてたどり着けてよかった。

Vet’s Egg(1) (アフタヌーンKC)

ほづみ りや / 講談社

スコア:

Vet’s Egg(1)
本格獣医学生漫画!
[PR]
by tamaki_jnb | 2016-03-28 00:15 | 少年

ちーちゃんはちょっと足りない (少年チャンピオン・コミックスエクストラもっと!)

阿部 共実 / 秋田書店

スコア:

「ちょっと足りない」とは、一生のお付き合い。
もうちょっと時間があったらな、もうちょっとお金持ちだったらな、もうちょっと出来る子だったらな。
無意識にそういうことと折り合ってること、ちーちゃんに気付かされました。
「我慢してる」って気づいて我慢してるのと、気づいてないのとはきっと違うよね。

らいか・デイズ (19) (まんがタイムコミックス)

むんこ / 芳文社

スコア:

らいか・デイズ (19) (20)
らいかちゃんは「足りない」と上手に付き合ってる子。
らいかちゃんが赤面しがらおねだりするのかわいい。
[PR]
by tamaki_jnb | 2016-03-28 00:05 | 少女

波よ聞いてくれ(2) (アフタヌーンKC)

沙村 広明 / 講談社

スコア:

波よ聞いてくれ(2)
光雄ー… ぐずぐずなヒモ男ぶりが…

リクエストをよろしく 1 (フィールコミックスFCswing)

河内 遙 / 祥伝社

スコア:

リクエストをよろしく 1
河内 遙さんのキャラに珍しく黒目が小さくいどんぐりまなこ。
面白いことが自然に集まってくるような男の子。
[PR]
by tamaki_jnb | 2016-03-27 01:55 | 仕事

フラジャイル(5) (アフタヌーンKC)

恵 三朗 / 講談社

スコア:

フラジャイル(5)
テレビドラマ、原作のキャラクターとは少し違いましたが、面白かったです。
患者と直接は接しないけれども深くかかわる病理医、診断に欠かせない画像診断医、もっと知られていいですよね。
高柴先生の長いドクターコートかっこいい。

コウノドリ(13) (モーニング KC)

鈴ノ木 ユウ / 講談社

スコア:

コウノドリ(13)
こちらのドラマも面白かったです。こちらは原作のキャラに寄せた配役でした。
私は四宮役の星野源さんがこれまたぴったりだ!と思いました。

下屋先生を継ぐ倉崎先生、能力の高い人に多い、人に頼らず自分で何とかしてしまいがちな方です。
「医龍」での、女性外科医の葛藤は困難なまま描かれてましたが、
コウノドリでは前向きな展開になりそうです。

コウノドリに出てくる新米パパたち、優等生なイクメンはちっとも出てきませんが、
市川テッちゃんみたいに、戸惑いながらもパートナーに寄り添ううちに巻き込まれてくのがいいなあといつも思います。
[PR]
by tamaki_jnb | 2016-03-27 01:43 | 仕事

猫ピッチャー 4

そにしけんじ / 中央公論新社

スコア:

猫ピッチャー 4
4巻でもみんなみーちゃんにメロメロ。

ねこ戦 三国志にゃんこ (単行本コミックス)

そにしけんじ / KADOKAWA/角川書店

元ネタの三国志を知ってたら一段と面白かったのだろうな。
[PR]
by tamaki_jnb | 2016-03-27 01:14 | 動物

いくえみ綾&くるねこ大和のねこあるある

くるねこ 大和 いくえみ 綾 / 幻冬舎

スコア:

対談の、絵描きならではのこだわり、ジャンプした瞬間の少しだけ見える肉球の描き方など、へえーでした。

そろえてちょうだい? 4 (フィールコミックス)

いくえみ 綾 / 祥伝社

スコア:

そろえてちょうだい? 4
順調に巻を重ねてます。
多頭飼いだからよけい個性が分かるのかな。猫関係が面白いです。
遠慮しいのコチャブちゃんおかしい。
[PR]
by tamaki_jnb | 2016-03-27 00:57 | 動物

過剰な二人

見城 徹 / 講談社

スコア:

繋がりが強すぎた人と弾けて距離が出来てしまい、時間をおいて再びつながるお話。
何が直接の決裂のきっかけだったか覚えていないというのが、特別な関係だったのだなと印象深かったです。
予感してた飽和にある瞬間達してしまったのかと想像しました。

少年の名はジルベール

竹宮 惠子 / 小学館

スコア:

竹宮 惠子先生の半生記。
作家としての成長がそのまま少女漫画が成熟する歴史です。

私が竹宮恵子にはまるきっかけの「ファラオの墓」は、「風と木の詩」を描くためのヒットさせなければいけない作品だったこと。

竹宮・萩尾先生の得難い相棒の増山法恵さんのこと、
心躍る竹宮作品の根っこには増山さんの力があったのか!と今更ながら感謝しました。

そして萩尾先生に対する尊敬と嫉妬。
志に燃えて上京し、存分に漫画を語り合え、競い合える、
相手の凄さをもっとも理解できる故の嫉妬は、激しいものだったと想像します。
それをさらりと書けるようになるのは時間の流れと、積み重ねた仕事の大きさ。
[PR]
by tamaki_jnb | 2016-03-27 00:43

東京タラレバ娘(4) (KC KISS)

東村 アキコ / 講談社

スコア:

東京タラレバ娘(4)
この子たちのややこしさ、分かりつつなんでこんなややこしくしちゃうかなと思う。

女の友情と筋肉(1) (星海社COMICS)

KANA / 講談社

スコア:

女の友情と筋肉(1)‐ (3)
こちらも仕事と恋愛に揺れるアラサー女子のお話。
目立つ表紙で前から気になってた作品です。強くて優しくて可愛い。
それが斜め上に向かってぷっと笑ってしまったり、すとんと真ん中に刺さってしんみりさせられたりです。
[PR]
by tamaki_jnb | 2016-03-07 00:52

ふたりのママから、きみたちへ (よりみちパン! セ) (よりみちパン!セ)

東小雪+増原裕子 / イースト・プレス

スコア:

東さんと増原さんのこれまでを書きながら、今悩んでいる人、女性カップルを知りたい人に向けてのメッセージ。
知ることで、腫物に触るような居心地の悪さを互いに感じなくなればいいな。

百合のリアル (星海社新書)

牧村 朝子 / 講談社

スコア:

レズビアンって何?と紐解くことから、ありのままの自分、ありのままの相手を見つめようと、広いところまで導かれる一冊でした。途中では女性同士どう愛し合うの?ということにもちゃんと触れられてます。
[PR]
by tamaki_jnb | 2016-03-07 00:41 | 女性

なかったことにしたくない 実父から性虐待を受けた私の告白

東 小雪 / 講談社

スコア:

レズビアンであること、実父からの性虐待をサバイブしたこと、すみれ寮のいじめの重い告白と、最愛の伴侶と結ばれたお話。
お母さんとおばあちゃんが気づいていたのに助けてくれなかったこと、その後も東さんの傷の深さを分からないことが遣り切れなかった。
すみれ寮はその後風通しがよくなったのでしょうか。

レズビアン的結婚生活

東小雪+増原裕子 / イースト・プレス

スコア:

東さんと増原さんの、ディズニーランドで結婚式を挙げるまでの山あり谷ありと新婚生活。
お二人がセクシュアリティを受け入れる葛藤、増原さんのご両親へのカミングアウト、
切実さと丁寧に向き合う姿が印象的です。
特に、東さんが深く落ち込んだとき増原さんが共鳴しすぎず、回復を傍で待ってるのが
できそうでなかなか出来ないことだな、強い二人だなと思いました。
[PR]
by tamaki_jnb | 2016-03-07 00:28 | 女性