<   2015年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

妖奇庵夜話 魔女の鳥籠 (角川ホラー文庫)

榎田 ユウリ / KADOKAWA/角川書店

スコア:

長女と母親の息苦しさを榎田さんが描いたらこうなった。

さくら (小学館文庫)

西 加奈子 / 小学館

スコア:

家族が再生していく力強い物語なのに、読後どんよりして不思議に思ってたら
自分では消化したと思ってた出来事を思い出して動揺してたのでした。
すっかり乗り越えたつもりだったので、さらに動揺しました。
[PR]
by tamaki_jnb | 2015-07-29 22:41 | 家族

トリガー (onBLUEコミックス)

イシノ アヤ / 祥伝社

スコア:

虐待のあるお話は苦手なんだよなと恐る恐る読みました。
三井はこういう形でしかこじれから抜けられなかったのだなと思いました。
にしても!曽根君でよかったね!これからうーんと大事にしてあげてね!

恋愛ルビの正しいふりかた (ディアプラス・コミックス)

おげれつ たなか / 新書館

スコア:

こちらもいじめるお話。
おげれつ たなかさん、細目の一見攻めキャラが受けなのがツボだってひしひしと伝わりました。
[PR]
by tamaki_jnb | 2015-07-28 08:22 | BL

春風のスネグラチカ (F COMICS)

沙村広明 / 太田出版

スコア:

ドラマチックな表紙絵にひかれて購入、お話も波乱万丈な運命にも自分を見失わない強い人たちの物語でした。

風光る 37 (フラワーコミックス)

渡辺 多恵子 / 小学館

スコア:

風光る 37
オトコマエ同志でじれったい。
[PR]
by tamaki_jnb | 2015-07-27 00:26 | 生き方

総特集 三原順 少女マンガ界のはみだしっ子

三原 順 / 河出書房新社

スコア:

三原順さん没後20年、はみだしっ子を中心に作品が振り返られます。
家庭の中で守られながらも感じてた子供の不都合、大人のかっこ悪さを
G・A・S・Mの4人が代弁してくれました。
大人に守られない彼らを心配しながら、憧れてもいました。

江口寿史の正直日記 (河出文庫)

江口 寿史 / 河出書房新社

スコア:

この人何で締切守れないんだろうって私が悩んでもしょうがないのに悶々としてしまいました。
[PR]
by tamaki_jnb | 2015-07-27 00:11 | 漫画関連書

カツカレーの日 1 (フラワーコミックスアルファ)

西 炯子 / 小学館

スコア:

カツカレーの日 1
西さんがまた面倒臭そうな恋愛物語始めたよ!

オネエな彼氏とボーイッシュ彼女 2 (ホームコミックス)

コガ シロウ / ホーム社

スコア:

オネエな彼氏とボーイッシュ彼女 2
のぶちゃんのヤキモチかわいいなあー。可愛くヤキモチ焼ける子いいなあー。
[PR]
by tamaki_jnb | 2015-07-26 23:57 | 恋愛

少女ファイト(12) (KCデラックス イブニング)

日本橋 ヨヲコ / 講談社

スコア:

少女ファイト(12)
長期連載で追っかけるの休んでる作品がありながら、
少女ファイトは一年に一冊ずつでも最後まで追っかけると思うわー。

銀盤騎士(6) (KC KISS)

小川 彌生 / 講談社

スコア:

銀盤騎士(6)
良ちゃんユミちゃんカップルいいわー
[PR]
by tamaki_jnb | 2015-07-26 00:41 | スポーツ

繕い裁つ人(6)<完> (KCデラックス Kiss)

池辺 葵 / 講談社

スコア:

繕い裁つ人(6)<完>
祝☆完結! 今までにない、仕事と女性をけれんみなく描いた作品でした。
頑なな女たちがほんの少し揺らいでほんの少し変わってゆきました。

どぶがわ (A.L.C.DX)

池辺葵 / 秋田書店

スコア:

私も妄想を友とする老女になってくんだろうなあー。
[PR]
by tamaki_jnb | 2015-07-21 01:13 | 女性

家族という病 (幻冬舎新書)

下重 暁子 / 幻冬舎

スコア:

家族から逃げ出す脚力で高みに登られたのだなあ。

他人を攻撃せずにはいられない人 (PHP新書)

片田珠美 / PHP研究所

スコア:

人付き合いでは「攻撃は最良の防御」は困るなあ
[PR]
by tamaki_jnb | 2015-07-21 01:08 | 家族

脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体 (幻冬舎新書)

中野 信子 / 幻冬舎

スコア:

生物個体は遺伝子が自らのコピーを残すために一時的に作り出した「乗り物」に過ぎないって考え方を知った時、
泣いたり笑ったり営んでる暮らしは細胞に潜む核酸の指揮なのかい!と
衝撃と脱力感をくらいまして、
この本では、あはー脳みその中で染み出る微量な物質に牛耳られてるのかー
と思いつつ、この分泌はどうやら出すコツを会得できそうで、
ならば楽しく生きられそうではないか!と思いました。

あなたの知らない精子競争―BCな世界へようこそ (文春文庫)

竹内 久美子 / 文藝春秋

スコア:

精子が卵子に侵入するための戦略が書かれてます。
その巧みさしたたかさと、優れた精子を迎えるための雌側の防御の巧みさに舌を巻きます。
[PR]
by tamaki_jnb | 2015-07-15 23:22 | 動物

インヘルノ 2 (花とゆめCOMICS)

マツモトトモ / 白泉社

スコア:

インヘルノ 2
欄外に書かれたマツモトトモさんのコメント、姉弟なのは禁忌の恋を描きたいためだそうで、なるほど。
一目見て屈折してる轟より更のほうがややこしいってのも書かれて気づきました。
ややこし者同志の禁忌の恋がひんやりした筆致で描かれます。

月影ベイベ 5 (フラワーコミックスアルファ)

小玉 ユキ / 小学館

スコア:

月影ベイベ 5
この表紙は親世代か子世代か。
こちらは二世代にわたる切ない恋。
[PR]
by tamaki_jnb | 2015-07-14 07:42 | 恋愛