<   2014年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ましろのおと(10) (月刊マガジンコミックス)

羅川 真里茂 / 講談社

スコア:

ましろのおと(10)
うおーショッピングセンターのイベントでアンコールってスゴイ!

アゲイン!!(11) (KCデラックス)

久保 ミツロウ / 講談社

スコア:

アゲイン!!(11)
またこじらせ男子が出てきた!
[PR]
by tamaki_jnb | 2014-03-23 23:32 | 少年

オトメの帝国 1 (ヤングジャンプコミックス BJ)

岸 虎次郎 / 集英社

スコア:

オトメの帝国 1
江口寿史せんせいくらい女子高校生を可愛く描く岸 虎次郎さん016.gif

トラップホール 3 (Feelコミックス)

ねむようこ / 祥伝社

スコア:

トラップホール 3
流されるの悪くないけどさー、ねーさんだいじょうぶー?
[PR]
by tamaki_jnb | 2014-03-22 00:15 | 女性

フィギュアおばかさん (ウィングス・コミックス・デラックス)

カトリーヌあやこ / 新書館

スコア:

羽生選手がフリーで着た衣装はジョニーウィアーさんのデザインなんですねー。ロマンチック♪それを着こなせる男子が日本にいるんだなぁー。

くうのむところにたべるとこ (マーガレットコミックス)

ヤマシタ トモコ / 集英社

スコア:

その人の変なこだわりが出やすい食べることを、変人を描く名人ヤマシタさんが描いたよ。普通の人が変人に見えるよ。
[PR]
by tamaki_jnb | 2014-03-22 00:05 | エンタメ

そろえてちょうだい?(3) (フィールコミックス) (Feelコミックス)

いくえみ 綾 / 祥伝社

スコア:

そろえてちょうだい?(3)
いくえみせんせいと猫たちの愛と愛と愛と愛の日々3巻です。
猫は一年で大人になっちゃうし、人間の子供と違って幼稚園にも学校にも行かないのに、
3巻になってもネタが切れません。多頭飼いで猫関係が多彩なのと、いくえみ家にお母様とだんなさんがいて
関わりが多重なこともありながら、
やっぱり愛と観察眼のたまものです。
新しいにゃんこを迎え、4巻も期待してます♪

ねこまた。 1 (芳文社コミックス)

琥狗ハヤテ / 芳文社

スコア:

ねこまた。 1
琥狗ハヤテさんがお好きな動物と武士を一緒に書いちゃった作品。
[PR]
by tamaki_jnb | 2014-03-20 00:56 | 動物

おんなのいえ(3) (KCデラックス)

鳥飼 茜 / 講談社

スコア:

おんなのいえ(3)

先生の白い嘘(1) (モーニングKC)

鳥飼 茜 / 講談社

スコア:

先生の白い嘘(1)
すごくて何も言えない作品。
鳥飼 茜さんは女の生きにくさと、それをしのぐしたたかさを描く作家さん。
で、この作品は、一見地味だけど、がんじがらめになっちゃって、暴走寸前の女性が主人公です。
この爆弾、どうなるんだろう…
[PR]
by tamaki_jnb | 2014-03-19 01:06 | 女性

ユーミンの罪 (講談社現代新書)

酒井 順子 / 講談社

スコア:

ふたりのジュンコ、内澤旬子さんと酒井順子さんは私の心の友です。(そういえば大学時代の一番仲良い友達もジュンコちゃんでした。)
酒井さんは同い年、内澤さんは一つ下なのと、負け犬なので近く感じます。

ユーミンが見せてくれたキラキラした世界は、届きそうで、ガラスに隔てられた手の届かない世界だったなあーと、読みながら思い出しました。
ユーミンの歌には守ってくれる男性の気配があります。
独りで生きてゆく、という歌にも「彼には選ばれなかったから」って男の存在がある。

不格好経営―チームDeNAの挑戦

南場 智子 / 日本経済新聞出版社

スコア:

DeNAって、高校の文化祭の熱気そのままに大人の仕事力で運営してる会社なんですねー
[PR]
by tamaki_jnb | 2014-03-19 00:57 | 女性

捨てる女

内澤 旬子 / 本の雑誌社

スコア:

世界屠畜紀行の内澤さんです。
病気をして以来、物が多い空間が苦手になったことと、千葉で豚を育てる暮らしを始めるときと終えた時に知った
捨てまくる快感から、「しまった捨てすぎた」と思うまで捨てていく過程をつづった作品です。

フリーランスの女性が自転車操業で自分で自分を養っていく、不安とさばさばした自由さが満ちてます。

内澤旬子のこの人を見よ

内澤 旬子 / 小学館

スコア:

出先で気になった人をスケッチしてコラムを添えてます。どの人も隙だらけで、普通の人も個性豊かだよなぁと思いました。
[PR]
by tamaki_jnb | 2014-03-19 00:43 | 女性

僕の死に方 エンディングダイアリー500日

金子 哲雄/小学館

undefined


死に至る難病を隠して直前まで仕事を続けた人の遺作です。 なぜ仕事を続けられたのか、仕事を続けていたことこそ死に向かい合う力だったのだなあと感じました。

死後のプロデュース (PHP新書)

金子 稚子/PHP研究所

undefined


それに伴走し、彼の死後託されたことを果たしている奥様の本。 彼女がいたからこそ金子さんの500日がありました。 円満な夫婦って、夫唱婦随とか、奥さんが縁の下の力持ちというイメージから自分は抜けだせないのですが、金子夫妻は対等です。 哲夫さんの闘病のために稚子さんが仕事を辞めサポートに回ってはいますが、 上手く言えないけれど、対等なんですよねぇ。
[PR]
by tamaki_jnb | 2014-03-19 00:20 | 生き方
時の人たち。

はみだす力

スプツニ子! / 宝島社

スコア:

お父様が日本人、お母様が英国人なことに加えてユニークな個性で
「同じであること」が裏に表に求められる日本で居難さを感じながら成長し、
仲間に出会い自分の居場所を見つけ、個性をいかんなく発揮するまでのお話です。

迷っても自分を肯定するところにいつもたどり着く強さがありました。

刑務所わず。 塀の中では言えないホントの話

堀江 貴文 / 文藝春秋

スコア:

刑務所の中からもコラムを連載されてたんですね。
入所中は書けなかった実態が面白く、
人道的に許されない罪で罪に服している人と、
考え方生き方を通したがために法律ではルール違反になって服役する人がいるってのが新鮮でした。
それから、服役中は勉強する時間がたっぷりとれて、資格や出所後の準備のための勉強をする人もいるってのも新鮮でした。
堀江さん、体重戻りつつあるのでしょうか。
[PR]
by tamaki_jnb | 2014-03-18 23:56
BL小説です。

ダブル・トラップ Love&Trust EX. (SHYノベルズ)

榎田 尤利 / 大洋図書

スコア:

Love & Trustのお兄ちゃんの恋の行方です。
トラウマでややこしくなっちゃった人がちゃんと幸せになるのがいいんだわー。

名前のない色 (アイノベルズ)

榎田 尤利 / 雄飛

スコア:

読んだことあるなあーと思ったら、新装版を読んでました。http://tamakibook.exblog.jp/20362320/
美人で奔放だけど仕事には生真面目な受けがここにも♪

[PR]
by tamaki_jnb | 2014-03-18 23:31 | BL

読書感想文書き散らし


by tamaki_jnb