榎田さんのBL小説2冊。両方兄弟が出てきます。あっ年下大型犬攻め×細身の眼鏡美人受けなのも同じだー

Stepbrother (ビーボーイノベルズ)

榎田 尤利 / リブレ出版

スコア:

親同士の再婚で兄弟のなった上司と部下。
デレたあとの秋が可愛くてエロくて。ツンのときの切れ者ぶりとのギャップがたまらん。

ひとりごとの恋 (SHYノベルス)

榎田 尤利 / 大洋図書

スコア:

大型犬攻めとその兄ちゃんとの体育系男子のケンカが爽快でした。取っ組み合いの離れ際に軽くケリ入れるとか、ありそうだなー。
受けはその兄か一方的にネチネチ言われるだけだったから、そういうケンカを目の当たりにして自分の兄弟関係を見直すのでした。
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-11-25 07:45 | BL

新規開拓二冊。

スナップガール (ビームコミックス)

空木哲生 / エンターブレイン

スコア:

平凡に暮らしてるつもりでも波風はあるもの。
終戦後のお話かな、DV夫から娘を連れて逃げる鉄火な母ちゃんを描いた「町火消し」が、自分に年が近いのもあってぐっときた。

紅い実はじけた 1 (ビームコミックス)

高橋那津子 / エンターブレイン

スコア:

紅い実はじけた 1
いろんなカップルの短編集話。高校生の胸キュンから、もっと淡いお話、煮詰まったカップルのお話も。
それぞれプツンと実がはじけるように心がはぜる瞬間が描かれてます。
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-11-20 14:13 | 生き方

らいか・デイズ (16) (まんがタイムコミックス)

むんこ / 芳文社

スコア:

らいか・デイズ (16)
あらー連載10周年だそうです。さらにむんこせんせい第二子ご出産。重ね重ねおめでとうございます。

だから美代子です 1 (バンブーコミックス)

むんこ / 竹書房

スコア:

だから美代子です 1
そして新連載。ギャグ4コマに、しんみりを仕込むのがむんこ流。
この作品は、若い未亡人と愉快な義両親とのゆるゆるな暮らしのお話です。
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-11-20 13:51 | 家族

溺れるナイフ(16) (講談社コミックスフレンド B)

ジョージ 朝倉 / 講談社

スコア:

溺れるナイフ(16)
急展開で、指の間から覗いて見守ってます (((( ;゚Д゚)))

3月のライオン 9 (ジェッツコミックス)

羽海野チカ / 白泉社

スコア:

3月のライオン 9
名人戦、独りで、でなく、二人で限界突破するのってすっごくすっごく気持ちいいだろうなー!
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-11-20 13:42 | 思春期

君に届け 20 (マーガレットコミックス)

椎名 軽穂 / 集英社

スコア:

君に届け 20
わあー20巻です☆ このままゆっくり進めてください♪
爽子が普通の女の子になっていくのが可愛くて可愛くて。

菩提樹寮(リンデンホール)のアリア ─金色のコルダシリーズ─ 3 (花とゆめCOMICS 金色のコルダシリーズ)

呉由姫 / 白泉社

スコア:

花とゆめコミックス、表紙デザイン一斉に変わったんですねー。
八木沢くん出てきた♪ こういう白皙の秀才青年、呉先生上手だよなー♡
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-11-20 13:29 | 恋愛

「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー

高橋 秀実 / 新潮社

スコア:

限られた条件で最大のパフォーマンスを引きだすって、いろんな場面で求められます。
超進学校の開成高校野球部では練習時間とスペースが限られる中、どうしたら試合に勝てるかが試行錯誤されます。ひとつは理詰めで考え、それを実行、上手くいかなかったらまた考えて実行のトライアンドエラー。
これが、ある程度運動のスキルを持ってる子は循環するけれど、
そうでないと頭の良い子独特の空回りを起こして萌える。
もう一つが野球は勢いだ!と、
打撃強化と、打球が来たとき「だけ」上手く取れればいいって、特化した強化。

ましろのおと(9) (月刊マガジンコミックス)

羅川 真里茂 / 講談社

スコア:

ましろのおと(9)
ライブセッションはいいねぇ。
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-11-20 13:17 | 少年

流星ひとつ/女子会2.0

流星ひとつ

沢木 耕太郎 / 新潮社

スコア:

沢木 耕太郎さんが封印してた藤圭子さんへのインタビュー。引退発表直後の1979年、ホテルニューオータニの40階のバーの一夜に語られました。

冒頭の藤圭子さんの「どうせ話しても伝わらない」、幾分投げやりな受け答えが、
お酒が進み、沢木さんの緩やかに押したり引いたりの話術にほぐれてゆき
引退の底にある理由、家族のこと、幼少期からデビュー、
売れっ子になってから、非日常的な芸能界への違和感が話されます。
あまりに赤裸々な内容に、沢木さんは封印したそうです。
藤さんの自死の後、今伝えなければと編まれた一冊でした。

幸せ不幸せは簡単に言えるものではないですが、
繊細で才能豊かで健気な少女が、結婚して才能豊かな娘を産み育て、
東京の空に身を投げるまでに、穏やかな時間が、楽しい時間が、豊かにあったらと思うばかりです。

女子会2.0

NHK出版

スコア:

名香智子の「パートナー」で、「バカな女ほど幸せをつかみやすい」みたいなことが描かれてて、子供だった当時はふーん?と思ってました。
女声論客が言いたい放題のこの一冊、たしかにのほほんと陽だまりのような幸せに浸るのは、考えすぎないことなのかもしれないなぁと思いました。
けど、陽だまりの縁から忍び寄ってくる冷気や湿気に気付いてしまったら、見えないふりをするか、それらを何とかしようと向き合うしかないんだよなぁーと思いました。┐(´ー`)┌
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-11-20 12:59 | 女性

あの日からのマンガ (ビームコミックス)

しりあがり寿 / エンターブレイン

スコア:

あの日とは、2011.3.11のことです。しりあがりさんが朝日新聞夕刊で連載してる4コマ「地球防衛家のヒトビト」はじめ、色々な媒体で震災を描いた作品を集めたものです。
震災直後のどうしていいかわからず立ちすくむさま、出来ることは何かと恐る恐る行動をおこすさま、そして生まれたメッセージがおさめられてます。

とんでもなく大きな出来事を前にした無力感、
何が起こってるのか、どうしたらいいのか、規模も理屈も一般人の理解を超えたことに放り込まれた混乱と怒り、
亡くなった人たちへの鎮魂、
毎日を建て直し、光のさす方へ歩いてゆく強さ、
地球防衛家の周りのヒトビトの思いが丁寧につづられていて、そうだね、私たちこういう気持ちだよね、こういう気持ちで歩いていきたいよねって
形にしてもらえた気がします。

リトル・フォレスト(1) (ワイドKCアフタヌーン (551))

五十嵐 大介 / 講談社

スコア:

リトル・フォレスト全2巻
東北の小さな集落で、20代半ばの女性が、ほぼ自給自足で暮らすお話。
ざっくりいうと、自分の手で食と住を成り立たせて、心も立て直すお話です。

毎日の暮らしを回しながら、先を読んで農作業の準備をし、出てくる人みんなすごく働き者です。
自然相手の営みの、丁寧な準備がちゃんと成果になったり、むくわれなかったり、
自然相手だからなぁーって、諦めるのが上手くなる(?)気がします。

集落の、主にお年寄りたちと農作業や食べ物を一緒に作るつながりもいいです。
一緒に作業するのって、良いつながりができやすいと思うんです。

私たちが安易に得てる、寒さ暑さから守られる快適さ、何でも手軽に手に入れられる便利さは無いけれど、
それはさほど困ってるように見えず、
雪だらけの外から帰って薪ストーブの暖かさに顔を緩みきらせる快感がちょっと羨ましい。

野趣あふれる食べ物たちがとっても美味しそう!
ウドのフリッター、タラの芽の天ぷら、畑でもいで食べるトマト。
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-11-16 07:50 | 生き方

セクシィ・ギャルの大研究―女の読み方・読まれ方・読ませ方 (カッパ・サイエンス)

上野 千鶴子 / 光文社

スコア:

上野せんせいの若いころの一冊。奥付の写真がかわいい。カッパブックスなのがゲリラっぽいですね。
女ならアタリマエと思ってることはアタリマエじゃないんだよって、この時から教えてくれてたんだねー。

やせる! (光文社新書)

勝間 和代 / 光文社

スコア:

勝間さんが星の数ほどあるダイエット法を総括し、理にかなった方法を実践、成功する一冊です。衒い無く自分のこと「太った中年女性」っていえるのが 勝間さんならではと思います。
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-11-09 08:07 | 女性

回游の森が面白かったので灰原薬さんの作品読みました。2作品とも勢いがあって一気に読みました!

とかげ 1 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

灰原 薬 / 一迅社

スコア:

とかげ 全3巻
一般誌初の作品。一迅社らしいアクションファンタジー作品です。
ボンキュッボンで鉄火肌なおねえさんがかっこいい!

SP(エスピー)警視庁警備部警護課第四係 1 (ビッグコミックススペシャル)

金城 一紀 / 小学館

スコア:

SP 警視庁警備部警護課第四係 全7巻
映画SPのコミカライズ。映画のスピード感そのままでした。
笹本の真木よう子さん、山本の松尾諭さん、そっくり。
渋滞の車列の屋根を駆けるシーンと壁走りが再現されてるのが嬉しかったです。
映画よりしんみりした終わり方でした。
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-11-09 07:50 | エンタメ