<   2013年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)

榎田 尤利 / 大洋図書

スコア:

交渉人シリーズのスピンオフ。
一番若い登場人物、トモの成長物語でもありました。

明日が世界の終わりでも (CROSS NOVELS)

榎田 尤利 / 笠倉出版社

スコア:

奇妙な形の純愛を書くのが得意なのがBL作家さんたち。奇妙な形からのゆがみで破綻しそうになるけれど、思いの深さからより強く結びつく、ってドラマチックなお話がいっぱいあります。
この作品もその一つ。厳選した相手をパートナーにあてがい、そのベッドシーンを見つめ、自分では抱かない男とその恋人のお話。恋人は、その理由を知らされず、でも彼が好きで…ってやるせなく激しいお話でした。

同時収録は、遊び人の美容師と真面目な中学校教師のお話。比べちゃうと地味なお話ですけれど、
付き合い始めで起こった事件で揺れる二人の気持ちが丁寧に描かれてて、こちらのお話も好きになりました。

新装版が今年出てますね。しかも書下ろしも収録されてるー。こっち買えばよかったかな?
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-07-31 23:27 | BL

海月姫(12) (講談社コミックスキス)

東村 アキコ / 講談社

スコア:

海月姫(12)
急展開。月美は流されてわたわたしてるけど、いつか自分で決める場面がくるのかしら。

星空のカラス 2 (花とゆめCOMICS)

モリエサトシ / 白泉社

スコア:

星空のカラス 2
少女漫画版ヒカ碁。さて、3巻でブレイクスルーするのかな。
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-07-31 01:30 | 少女

& 6 (Feelコミックス)

おかざき 真里 / 祥伝社

スコア:

& 6
あー薫ちゃん、そのざらっとした違和感、わかるよ…そこをどう処理できるかが分かれ目と思うよー。

ブルーバード ブルー(2)<完> (KCデラックス)

楠田 夏子 / 講談社

スコア:

ブルーバード ブルー(2)<完>
祝・完結! こちらの方がお姉さんですけどね、奥手です。
でも、どっちも大人の恋は面倒くさい。
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-07-31 01:14 | 恋愛

WEED/FLOWER

POLLINATIONに続く鬼畜なお医者さんBL小説presented by木原音瀬。この2作も手籠めにした方が相手に夢中になっていきます。

WEED (新装版) (ビーボーイノベルズ)

木原 音瀬 / リブレ出版

スコア:

ドSになり切れないヘタレだけど優秀なお医者さんが、マラソンランナーにずぶずぶはまってくさまが楽しく書かれてます。
プライドが高くて素直になれなくて、拗ねてしまうのが面倒くさくて可愛い。

FLOWER (新装版) (ビーボーイノベルズ)

木原 音瀬 / リブレ出版

スコア:

こちらのセンセイは最後まで自分の気持ちに気づかず空しい結末。
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-07-30 08:26 | BL

月に笑う上・下/片思い

木原さんのBL小説。

月に笑う〈上〉 (ビーボーイノベルズ)

木原 音瀬 / リブレ出版

スコア:

月に笑う〈上・下)
チンピラ青年といじめられ少年の10年愛。木原作品ならではの、欠点だらけの二人がガチンコで添ってゆくお話。

片思い (ビーボーイノベルズ)

木原 音瀬 / リブレ出版

スコア:

松下先生がいいです。朴訥で、純情で、インテリで、正直。彼が恋に溺れ、迷った末に恋を手放す決断、身を切るような辛さなのに潔く身を翻す場面、いいですねー。
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-07-30 00:07 | BL

U (Fx COMICS)

今日マチ子 / 太田出版

スコア:

話題の今日マチ子さん、初めて読みました。ファンタジックホラーです。
クローンとオリジナルのせめぎ合いです。
クローンの方が少しだけ優れてる、けれどオリジナルの記憶は引き継げません。

自分の輪郭を明瞭にするのは何だろう、他人から見た自分なのか、自分で把握してる自分なのか、その二つの境界なのか、その境界って不確実なのに、悩まずに暮らしてるよなーと思いました。

ミドリムシは植物ですか? 虫ですか? I (B's-LOG COMICS)

羽鳥まりえ / エンターブレイン

スコア:

ミドリムシは植物ですか? 虫ですか? I
微生物の擬人化作品です。今ホットなミドリムシ(ユーグレナ)が王子様になって活躍します★

ミドリムシの大量培養に成功した鈴木健吾さんのインタビューをラジオで聞きました。
ミドリムシは豊富な栄養素を含み、栄養補助のサプリメントとして、
また発展途上国の人々には栄養源として期待できること、またミドリムシからできた油から燃料を作る研究もされていて、ジェット機が飛ばせるかもしれないそうです。
鈴木さんが「ユーグレナちゃん♡」と呼びながら語るミドリムシへの没頭ぶりが強く記憶に残ってて、
ついこの本を買ってしまいました。
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-07-29 23:47 | ファンタジー

ひばりの朝 2 (Feelコミックス)

ヤマシタ トモコ / 祥伝社

スコア:

ひばりの朝 2 (完結)
この作品を読んで、中学から高校にかけての閉塞感を思い出しました。自分では、子供のころ味わった色々な気持ちを忘れてないつもりでしたが、ヤマシタさんのあとがきの「私の感じていたいろいろな怒りを詰め込んだ」を読んで、この感情には蓋をしてたなって気づきました。

子供だというだけで、大人から、社会から、同世代から理不尽に傷つけられること。これから解放されたくて早く大人になりたいと思ってた。 「息を止めて 目をつむる じっと眠」って大人になれるのを待ってた。そうだ、あの感情は怒りだった。

ひばりちゃんは、ただの引っ込み思案な女の子なのに、
大人っぽい外見で子供と大人の境界を曖昧にさせて、子供も大人も不安にさせるから、
理不尽が吹き溜まってくる。本人はただ居るだけなのに、波風が立ってしまう。
その波で、ひばりちゃんも揺さぶられる。不穏な波風だから、彼女の中に立つのも不安な波。
彼女はそれを抱えたまま暮らしてゆくのでしょう。
ひばりちゃんがその外見に見合った年齢になった時、彼女の不安と怒りはどんな形になってるんだろう。

少女ファイト(10) (イブニングKCDX)

日本橋 ヨヲコ / 講談社

スコア:

少女ファイト(10)
10巻もぎっしり詰まっててよ!
練と学の友情、練のトラウマとの対峙、サブキャラのエピソードも熱い。
特に千歳緑の扇田の「本気出せよ!」は熱かった。
最強世代の実態が語られてます。実は現役世代と同じくらいゴタゴタしてたって。
伝説の真理ちゃん、いつか練は彼女を一人の人間として見つめ直す日が来るのかな。
「環」さんてキャラが出てきたー!うれしー!
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-07-29 08:00 | 少女
榎田さんのBL小説2作。
ニッチで風変りな専門職、ってのが共通してます。

nez[ネ] Sweet Smell (SHYノベルス304)

榎田 尤利 / 大洋図書

スコア:

シリーズ2作目。相性判断のエージェントの相棒どうしのCP.
相手の匂いに包まれてクラクラするのが何ともエロいです。

これからミステリー作品みたいになってくのかな?っていうのと、
まだ不安定な二人の関係がどう馴染んでくのかが楽しみです。

交渉人は黙らない (SHYノベルス)

榎田 尤利 / 大洋図書

スコア:

交渉人シリーズ全6巻。
元検事で元弁護士の交渉人と、高校の後輩のヤクザのお話。
コミカル調を保ちながら、 「最後まで人を信じることができるか」って厳しいテーマの作品です。

主人公の芽吹は、事件の容疑者になった大学時代の親友の弁護を引き受けますが、彼を信じ切ることが出来なかったことで挫折、弁護士を辞めます。

人として大切なこと、人を信じることや正直であること、
追い詰められたときは何となく誤魔化したり、追い詰められる前に逃げを打ったりします。
ですが、芽吹は深い後悔から自分のすべてをかけて信じます。
その相手がいい加減な依頼人、詐欺師であっても信じます。
そして、踏ん張りどころでは恋人も巻き込んでの試練になります。

BL小説として湿度温度の高い場面をきっちり挟みつつ、アクションシーンもあってエンタメ色もあり、
あっという間最後まで読みました。
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-07-28 08:01 | BL
小玉 ユキさんと雲田 はるこさん、似たところあるような気がして並べてみました。
ほのかな色気と、深い情けをさらっと描くところかなぁ。いや、雲田さんの描く情けは熱いかな。

月影ベイベ 1 (フラワーコミックスアルファ)

小玉 ユキ / 小学館

スコア:

月影ベイベ 1
新連載です。編笠の形から、阿波踊りなのかなと思ったら、おわら踊りって富山のものなんですね。
地方都市を舞台にしたさわやか青春物語になりそうです。
オジさんと女子高生の恋?とか、クールビューティーな転校生がどう打ち解けていくのかなとか、
あら、この恋の行方はどうなるのかしらとか、この作品でも少年の躍動感が味わえそうだななど、お楽しみの種が盛り込まれてる一巻です。

昭和元禄落語心中(4) (KCx ITAN)

雲田 はるこ / 講談社

スコア:

昭和元禄落語心中(4)
菊比古と助六のコラボのシーンが切なかった。
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-07-11 00:07 | エンタメ

君に届け 19 /Piece 10

君に届け 19 (マーガレットコミックス)

椎名 軽穂 / 集英社

スコア:

君に届け 19
そっかー進路かー。おばちゃんは見守ってるよ。

Piece 10 (フラワーコミックス)

芦原 妃名子 / 小学館

スコア:

Piece 10
祝・完結!生き延びた子供たちのお話でした。
彼らがどういう大人になるか、子供をどう育てるか。は、読者の想像にお任せなんだろうなー。
穏やかな幸せをつかんでほしいです。
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-07-10 08:41 | 思春期

読書感想文書き散らし


by tamaki_jnb