テルマエ・ロマエVI (ビームコミックス)

ヤマザキマリ / エンターブレイン

スコア:

テルマエ・ロマエⅥ(完)
祝・完結! アモーレな結末になるとは!

おとめ妖怪ざくろ 1 (バーズコミックス)

星野 リリィ / 幻冬舎

スコア:

おとめ妖怪ざくろ1
ラブコメでファンタジーで人情風味。絵がきれいでかわいい!
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-06-28 00:38 | エンタメ

絶愛―1989― 1 (集英社文庫―コミック版)

尾崎 南 / 集英社

スコア:

絶愛―1989―全3巻

BRONZE ZETSUAI since1989 1 (マーガレットコミックス)

尾崎 南 / 集英社

スコア:

BRONZE ZETSUAI since1989全14巻
少年二人が惹かれあいながら傷つけ合う胸苦しいお話。
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-06-28 00:25 | 少年

図書館戦争 第1巻―LOVE & WAR (花とゆめCOMICS)

弓 きいろ / 白泉社

スコア:

図書館戦争―LOVE & WAR 1-11
既刊コミカライズも読了!こちらは甘さ増量。☆は3.5です。
映画の岡田堂上が焼き付いてるので、美男子すぎない?って思ったのもすぐ慣れました。
原作にほぼ忠実です。LaLa掲載なので、郁の初めての出動のきっかけになった高校生の事件の詳細がぼかされてたり、柴崎の必要があれば誰とでも、が違う言い方になってます。
が、茨城での激闘はがっつり描かれてます。

「図書館革命」の「あたしたちはここだーーーー!」が楽しみです。
凹んで言い訳ばっかりしてた郁がこんな立派になって!と再び涙したいです。

オマケマンガのチビキャラが可愛くてギャグが可笑しい。
弓きいろさんの初連載作品で、巻を重ねるごとに上手になるのを見るのも楽しい。

図書館戦争SPITFIRE! (1)

有川 浩 / アスキー・メディアワークス

スコア:

図書館戦争SPITFIRE! (1)
こちらは少年誌に載った作品。なぜか一巻までしかありません。アクションシーン迫力あるのになー。
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-06-12 22:44 | エンタメ

砂とアイリス 1 (愛蔵版コミックス)

西村 しのぶ / 集英社

スコア:

砂とアイリス 1
続き読むの迷う作品です。きっと読んじゃうけど。
サバサバした長身の美女が仕事と恋と食と遊びを堪能するのはいつも通り。
舞台が研究畑ってのと、メンヘラっぽい美女が今後どう絡んでくるかが気になる。

ひるなかの流星 6 (マーガレットコミックス)

やまもり 三香 / 集英社

スコア:

ひるなかの流星 6
馬村くんの切ない片思いと、すずめたちの始まったばかりの恋のときめきがたまらないです。
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-06-12 00:20 | 恋愛

きみがいなけりゃ息もできない (ビーボーイノベルズ)

榎田 尤利 / ビブロス

スコア:

才能あふれるけれど生活能力に乏しい受けと万能タイプの攻めのカップル。ひ弱な受けの自立と、追い詰められて放つ殺し文句でハッピーエンドになだれ込むのが心地よいです。

POLLINATION (新装版) (ビーボーイノベルズ)

木原 音瀬 / リブレ出版

スコア:

タブーに挑戦する木原音瀬。
ドSな外科医が自閉症の少年を手籠めにして、やがて献身するって木原流おとぎ話。
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-06-12 00:05 | BL

蜜の味

壇蜜 / 小学館

スコア:

バラエティ番組での即興の小芝居が面白かったのと、雑誌「音楽と人」での中田裕二さんとの対談が面白かったので読みました。今をときめくグラビアアイドルです。

大学で教員免許を取っても、二つの専門学校で学んでもその関連の職にはつかず、どんな仕事をしても中途半端。そこで巡り合ったグラビアでは 「もう中途半端なことはしない」と、スタッフの要求に最大限応えます。

29歳って年齢も後押ししたのでしょう。これまで掴んだ能力で今後どうやって生き延びていくのか、ここまで歩いてきた道はどこに繋がっていくのか、考えてしまう年頃です。

グラビアアイドルとしては遅咲きです。20代の張り詰めた活きの良さはありません。

けれど、その諸々を彼女は有利に変えてます。
少し緩んだ曲線は憂いに通じます。

「私はあくまでひとつの素材」と言って、求められるものに応えるのに全力を尽くします。
攻めな受け身って言うのでしょうか、撮影の現場で、その先のファンに、
自分が何を求められているのかを探り表現します。

グラビア撮影専門用語も面白かったです。
「着エロ」って、局部を隠してエロスを表現するジャンルだそうで、彼女はそれらが小さいので、小振りな小道具で大丈夫なのだそうです。そんな「ヨカッタ」も彼女の武器。

デリバリーシンデレラ 1 (ヤングジャンプコミックス)

NON / 集英社

スコア:

デリバリーシンデレラ 全11巻
☆は3.5個。自活のためにデリヘル嬢をしてる大学生の子のお話。 可愛らしい絵にひかれてデリヘル嬢って?って下世話な好奇心から読み始めたら止まらなくなってしまいました。

序盤は業界レポート、
中盤からは純朴で真面目な女の子がどうしてデリヘル嬢になったか、「この仕事が好き」と言えるようになるまでの葛藤、
終盤は性産業で働く女性の社会でのつらい立場からの発信へとつながっていきます。

描いたのが女性だったから抵抗なく読めました。
実際に働いている方たちからは「きれいごと」って見られてしまうかもしれない展開ですが、
こういう仕事があるのだと、世に知らせる役割を果たした作品と思います。

読み終えて、求められることを満たすプロフェッショナルな仕事なのだなと納得しつつ、
やはり身内にはして欲しくないなと感じました。
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-06-10 07:31 | 仕事

図書館戦争全6巻

図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫)

有川 浩 / 角川書店(角川グループパブリッシング)

スコア:

本編4巻、スピンアウトの別冊2巻一気に読みました!
映画が面白く、既読で鑑賞した方の感想のどれもに 「原作を読んでるとさらに面白いと思う」って書かれてるのに従って読んだらその通りで映画を追加で2回見ちゃいました。

検閲が過剰になったらどんな世界になる?という有川さんの想像から生まれた作品です。

映画では、図書館の静かなイメージと、武装、さらに月9のようなラブコメってのがどうにも消化しきれませんでした。表現の自由を守るために銃火器で武装!?武装部隊でラブコメ!?って。
原作読んだらすんなり入り込めました。

アクセスの少ないこんなブログを書くのにも言葉を選びます。
不用意に人を傷つけず、でも伝わる言葉を探します。
それが行き過ぎた自主規制になるのは想像に難くありません。

素人でもそうですから、プロの物書きは刺し違える覚悟で書くこともあると思います。
分野によっては、仕事を干され、中傷され、社会的に抹殺されるリスクを常に負いながら表現する人もいるでしょう。命がけっていうのは、物書きの皆様にとっては大げさな表現ではないのだろうなぁと思いました。

それから、主人公の笠原郁、長身で男性の隊員に混じっても遜色ない働きをする女性なのですが、若い女子丸出しのキャラで、
マッチョな団体の数少ない女性ってこれまでは女らしさを抑えた、あるいは峰不二子みたいなボンキュッボン、いずれにしてもクールなキャラクターをよく見ましたが、
お転婆な普通の女の子なんですね。
この子が、少年漫画の熱血猪突猛進少年みたいな子で、失敗して凹んだりはするんですが、
男性色の濃い職場で萎縮することなく、女の子らしさを過剰に抑えることなく、
郁の能力の高さと裏表ない人柄も手伝って周りの男性隊員もチームの一員として受け入れてるのがいいなぁと思いました。

映画で堂上と小牧の仲の良さ、郁と柴崎のガールズトークが見られて楽しかったです。
それから小牧の笑い上戸ぶりが、あー小牧君ここでもちゃんと笑ってるって細かくチェックしてました。

小道具が、稲峰館長の写真に添えてあるカミツレとか、仁科司令の持つ日野の悪夢で残った一冊に薄っすら血の染みがあったりとかも、原作を読んでなかったら見落としてました。

岡田准一さんの堂上、榮倉奈々さんの郁はほんとピッタリでした。
武道場でのドロップキックは何度見ても笑ってしまいました。
映画では甘さ控えめでした。
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-06-10 01:19 | エンタメ

ほっこり作品二つ。

つづきはまた明日 (4) (バーズコミックス ガールズコレクション)

紺野 キタ / 幻冬舎

スコア:

つづきはまた明日 (4) (完)
お父さん・お兄ちゃん・妹の暮らしをつづったお話、祝・完結!です。
4巻では、事故で亡くなったお母さんを見送ったお話が収められてます。
この作品の第一巻が2009年に発行。連載中に東北の震災があります。

震災以降、それへのメッセージが込められているなぁと思う作品が少なくありません。
大きな大きな出来事だったから、今も描きあぐねてる作家さんもいるのではないでしょうか。

この4巻には、改まってそうは書かれていませんが、突然大切な人を失った戸惑い、喪失感が描かれ、
それを悼み、そっと包み込む気持ちが深く込められてるように感じました。

葬儀の後お父さんは、お母さんと何気なくした未来の約束を思い出し、膝をついて泣きます。
そして、取り戻せない日々を恋しく思いながら、新しい暮らしを重ねてゆく。
悲しみは悲しみのまま、ごはんがおいしかったり、友達とじゃれあい、ささやかな温かさで心の平衡が戻ってくる。そして「また明日」と言い合える人たちとの出会いがある。

ファンタジーな短編がいくつか入ってます。猫のが好き。猫の不思議さは、日常をふぃっと想像の世界につなげてしまいます。
紺野キタさんのファンタジーをもっと読みたいなと思いました。

おうちでごはん 2 (バンブー・コミックス)

スズキ ユカ / 竹書房

スコア:

おうちでごはん 2-5
可愛らしい絵柄と、大学生がご飯作ったり食べたりしてるのがとっても楽しそうで続きも買ってしまいました。
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-06-05 00:46 | 家族

あやかし恋絵巻 1 (マーガレットコミックス)

新條 まゆ / 集英社

スコア:

あやかし恋絵巻 1-3

ラブセレブ 1 (フラワーコミックス)

新條 まゆ / 小学館

スコア:

ラブセレブ 1 -7

バカでも描けるまんが教室―新條まゆの(裏)まんが入門 (フラワーコミックススペシャル)

新條 まゆ / 小学館

スコア:


綺麗な絵で切れ長の目で強引な青年と童顔の女の子のお話を延々と描く新條まゆさん。
型破りなサクセスストーリーが面白かった。
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-06-01 00:35