<   2013年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

溺れるナイフ1-14

溺れるナイフ(1) (講談社コミックスフレンド B)

ジョージ 朝倉 / 講談社

スコア:

溺れるナイフ1-14
一回目読んだときはただただ圧倒され、二回目読み終えて少女と少年の環境の大きな違いに気づきました。

容姿と才能に恵まれた二人は注目を集めますが、
夏芽には家族とモデルの仕事を支える大人がいます。可哀相な事件に巻き込まれ、深く傷ついても周りに見守る人がいます。
一方航一郎は家族内で孤立し、学校でも浮いてる。好意をもたれても「神さん」と、ある意味一線を画した扱いです。
夏芽の「特別さ」はモデルとして、女優として、他者に手ごたえのある認められ方をしています。
航一郎の認められ方は曖昧です。同世代の少年少女から寄せられる憧れと、旧家の跡取りとして腫物のような扱い。航一郎、よくここまで生き延びたなぁーと思います。

どうしようもなく引かれあってしまう二人。

夏芽は幼くて、自分のことしか考えられない。
これから航一郎の孤独と絶望に気づけるか、彼の暗闇の前で自分を失わないでいられるか。
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-04-30 22:08 | 思春期

銀の匙 Silver Spoon(7) (少年サンデーコミックス)

荒川 弘 / 小学館

スコア:

銀の匙 Silver Spoon(7)
そういえばこの作品、キャラクターたちの家庭もよく描かれてるよね。学園生活と家庭生活は地続きだもんね。

三等星のスピカ(2) (KCデラックス)

イシノ アヤ / 講談社

スコア:

三等星のスピカ(2)
えへへ野球つながり。家族に見せる顔と、部活での顔は違うんだよね。
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-04-29 00:55

山賊ダイアリー(3) (イブニングKC)

岡本 健太郎 / 講談社

スコア:

山賊ダイアリー(3)
3巻でも食べてます。鹿は旨いよね!! すっぽん、やっぱり美味しいんだ… 食べてみたい

とりぱん(14) (ワイドKC)

とりの なん子 / 講談社

スコア:

とりぱん(14)
もう14巻なんだねぇー。目指せサザエさん。
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-04-29 00:46 | 動物
榎田 尤利さんのコミカル7BL小説。

歯科医の憂鬱 (キャラ文庫)

榎田 尤利 / 徳間書店

スコア:

板金工と歯科医の職人カップル。歯医者さんのお仕事モードの尖りぐあいとオフのほわんとした両面が面白かったです。

吸血鬼には向いてる職業 (ビーボーイノベルズ)

榎田 尤利 / リブレ出版

スコア:

漫画家してる吸血鬼×その編集者。編集さんって大変なんだね…
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-04-29 00:38 | BL

花は咲くか (4) (バーズコミックス ルチルコレクション)

日高 ショーコ / 幻冬舎

スコア:

花は咲くか (4)
相変わらずのゆっくりながら、進んでます。おじさんと少年が、自分の心に、相手の反応に戸惑いながら進むのがかわいいです。そうだった、好きな人に触れるのってどうしようもなく緊張するんだったって思い出す非リア充。
5巻で終わるらしいです。きっと一年後だよねー…待ってます。

今宵おまえと 最終章 (H&C Comics ihr HertZシリーズ 134)

木下 けい子 / 大洋図書

スコア:

祝・完結!こちらも長い恋でした。仕事も恋も頑張りました。
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-04-29 00:24 | BL

青空エール 12 (マーガレットコミックス)

河原 和音 / 集英社

スコア:

青空エール 12
内気だったつばさちゃんが「小野先輩コエー」と言われるようになりましたよ!
展開にあまりドキドキしなくなったので、続き買うのどうしようかなーと思ってたら巻末でテンション急上昇させられたので購入続行です!

アゲイン!!(8) (KCデラックス)

久保 ミツロウ / 講談社

スコア:

アゲイン!!(8)
ネガティブエネルギー満タンな主人公がエネルギー同レベルなネガティブ女子とぶつかってます。
すっごい強引な展開ですが、続きが楽しみ。
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-04-27 08:24 | 部活
小説とマンガのコラボレーション作品。二組のカップルの、大人カップルを主に小説で、若者カップルをマンガで描いてます。同じキャラクターでも漫画版と小説とでは少し印象が違うのがまた面白いです。

愛とは言えない〈1〉 (ビーボーイノベルズ)

榎田 尤利 / リブレ出版

スコア:

愛とは言えない全4巻
大人カップル編。受けの屈折が重症です。榎田さんの作品で最強のひねくれぶりではないでしょうか。
その心を溶かすのに4巻かかるわけです。

恋とは呼べない コミック 1-3巻 セット (ビーボーイコミックス)

町屋 はとこ / リブレ出版

スコア:

恋とは呼べない 全3巻
若者編。町屋 はとこさん、初読みです。キャリア浅いのかな?
受けの英は、小説では清楚な印象で、漫画では純朴さを強く感じました。
攻めの淳平は、漫画版が魅力的です!世話好きで家事の上手な体育系男子にほの見える影がいいです。
英をかばってチンピラに立ち向かうシーンもかっこよかった。町屋さん、このシーンみたいな絵で伸びてくと素敵と思う…
大人カポーの受けのサガン、漫画版で猫のやきのりちゃんへのデレデレぶりが可愛すぎる!小説での日陰の花みたいなのより断然可愛い。
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-04-25 00:15 | BL

未知との遭遇 (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)

腰乃 / リブレ出版

スコア:

面白かった!可愛いパンツが取り持つ縁。
社員寮の先輩に、うっかり可愛いパンツ好きを知られてしまった。かわいいパンツ姿にときめく先輩。
はじらう後輩が可愛くてつい苛めてしまう。
好きな人に苛められるのって悲しいよね… そういう男の鈍さというか、好きな気持ちが食い違っちゃうじれたさがありました。
最後はちゃんとラブラブです。

咎狗の血(1) (B's-LOG COMICS)

茶屋町 勝呂 / エンターブレイン

スコア:

咎犬の血1
ゲームのコミカライズ。コミカライズって原作に比べて絵ががっかりなことが多いのに、この作品は遜色ないです!コミカライズでもグンジが好きだー!
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-04-24 23:37 | BL

おはようおかえり(5) <完> (モーニング KC)

鳥飼 茜 / 講談社

スコア:

おはようおかえり(5) <完>
祝・完結!姉妹喧嘩が、そこまで言えるんだって、すごかったです。

奈保ちゃんが、別れた夫の実家を継ぐって力技な縁のとどめ方と、一保の落ち着くところに流れ着いたらしい様。
ごはんを食べさせ、食べる関係の温度とか、しみじみしたお話でした。

おんなのいえ(1) (KCデラックス)

鳥飼 茜 / 講談社

スコア:

おんなのいえ(1)
こちらが新連載。アラサー姉妹とお母さんのお話。
女系のうっとおしさと温もりが、あーうんあるあるです。
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-04-24 23:07 | 家族

蛇とワルツ (SHYノベルズ 236)

榎田 尤利 / 大洋図書

スコア:

Pet Lovers完結編。最後は蛇です。蛇…どんなか想像つかずに読み始めたらなるほど蛇。強烈なマイペースぶりと冷ややかさでした。その蛇が見せる終盤のデレデレ純愛がたまらんかったです。トリを飾るにふさわしい動物でした。

聖夜 (SHYノベルス295)

榎田 尤利 / 大洋図書

スコア:

2002年に発売されたものの新装版です。中編が二つ収録されてます。
「名前のない色」。大人の男の数年越しの恋。繊細な受けが失踪した攻めを探すのが切なかったです。
「聖夜」。こちらはさらに長く、20年。この作品も互いを探しあって再会します。
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-04-24 09:04 | BL

読書感想文書き散らし


by tamaki_jnb