<   2012年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

& 4 /Sunny Sunny Ann!

& 4 (Feelコミックス)

おかざき 真里 / 祥伝社

スコア:

& 4 (Feelコミックス)
今表紙見て気になった。薫の右足どうなってるの?隠れてる?まさかの描き忘れ?

あげ足取りはおいといて、大人の恋愛の面倒くささがじれったかったり切なかったりです。
仕事、家族、いままでに受けてしまった心の傷。
それらを乗り越えて恋路を進むエネルギーはワカモノの恋愛よりエネルギー必要。

でも、恋が得難いって分かるのも大人だからなのよねー。

Sunny Sunny Ann! (KCデラックス)

山本 美希 / 講談社

スコア:


モーニングの「MANGA OPEN」ってコンテストで大賞とった作家さんだそうです。
アメリカの片田舎、セダンで暮らす中年女性のお話。
車で寝起きし、気ままに移動するアンは身軽で自由です。
洗車するついでに自分もすっぽんぽんになってシャワー浴びちゃうシーン、ぎょっとしつつ気持ちよさそう!

私たち、普通に暮らしているつもりでも、制度に守られ、周囲の人に守られ、家という囲いに守られてます。

そこから自由なアンは、危険と孤独と隣り合わせでもあります。
そして、そうならなければ得られない爽快感も満喫してます。
[PR]
by tamaki_jnb | 2012-08-31 08:11 | 女性

少女ファイト(9) (KCデラックス)

日本橋 ヨヲコ / 講談社

スコア:

少女ファイト(9)
濃くて濃くてかっこよくてかっこよくて!

チームの個性の違いが興味深い。
黒曜谷は、それぞれの思いを抱え、ぶつかり支え合いながら勝利に求心していくチーム。
青磁高校はマインドコントロールされたチーム。
朱雀高校は静かな恫喝でしばるチーム。

青い花(7) (エフコミック) (Fx COMICS)

志村貴子 / 太田出版

スコア:

青い花(7)
さらさらと清く流れてるような女の子達にも淀みがあって、でもそれすら透明。
[PR]
by tamaki_jnb | 2012-08-30 08:29 | 少女

ブルースカイ (文春文庫)

桜庭 一樹 / 文藝春秋

スコア:

桜庭 一樹さん、少しずつ読んでます。
面白く読んだけれどよくわからなかった。

ダンス・ウィズ・ドラゴン

村山 由佳 / 幻冬舎

スコア:

官能色の強い作品が続く村山由佳さん。これはファンタジー風味です。
[PR]
by tamaki_jnb | 2012-08-29 23:13 | ファンタジー

アオハライド 5 (マーガレットコミックス)

咲坂 伊緒 / 集英社

スコア:

アオハライド 5
はぁ、もう、自分のどこにこんなにキュンキュンする気持ちが隠れていたのかってくらいキュンキュンしました。
ああーっ この一ミリのじれったさがたまりません。
新しく出てきた子たちも捨てがた良い子たちで、どう膨らんで行くのか楽しみです。

ココロ・ボタン 8 (フラワーコミックス)

宇佐美 真紀 / 小学館

スコア:

ココロ・ボタン 8
こちらも順調です。
子犬な女の子がドSな彼に翻弄されるのがこんなに面白いとは意外でした。
このお話、主人公の新奈以外はへそまがりばかりですね?
[PR]
by tamaki_jnb | 2012-08-29 23:04 | 恋愛

Punch 全4巻/erotica

Punch (ビーボーイコミックス)

鹿乃 しうこ / リブレ出版

スコア:

Punch全4巻
鹿乃 しうこさんの作品、ほんと楽しいですねぇ!天才!
PBBよりややシリアスな展開ですけど、基本情にもろくてちょっとオバカで筋肉質な男の子たちがいちゃいちゃしてるコメディーです。
今日、ニッカーボッカーのガテンなお兄ちゃんを見てどきっとしてしまいました。

erotica

榎田 尤利 / リブレ出版

スコア:

扉絵の面子が素晴らしくて買ったら榎田 尤利さんの小説も良かった!BL短編小説集です。そういえば、好きなBL漫画家さんが挿絵書いてるBL小説ってアタリが多いですね。

コミカル、鬼畜リーマン、やるせない文通もの、ヤクザものとバリエーション豊かで楽しませていただきました。
あとばきの、「元気に楽しくエロを語れる場があるというのは、それすなわち『健全』に他なりません。」に深くうなずきました。
[PR]
by tamaki_jnb | 2012-08-28 08:25 | BL

花にけだもの 1 (フラワーコミックス)

杉山 美和子 / 小学館

スコア:

花にけだもの 1-3
ちんまりした少女の周りにかっこいい男の子が何人も現れて、初心な好意をまき散らします。
リアル少女の時はへそ曲がりだったので、こういう妄想暴走系のラブコメは読みませんでした。
今読むのと違った楽しさがあったろうにな~~残念。

僕らはいつも 9 (マーガレットコミックス)

藤宮 あゆ / 集英社

スコア:

僕らはいつも 9
あ、あれ…?読了の山にあったけど後半読んでなかった… 半年前に買ったのにな~~
山が半年放置ってのもおかしいな~~

読みました! 新キャラ出てきて話がうごきました。
来月新刊が出ます。
[PR]
by tamaki_jnb | 2012-08-23 08:27 | ラブコメ
藤本 由香里さんと福田里香さん、何だか私の中でごっちゃになってるんです015.gif

私の居場所はどこにあるの?―少女マンガが映す心のかたち

藤本 由香里 / 学陽書房

スコア:


ハートの核を漫画で育てた同士の先輩って感じで読み進めました。
少女マンガの黎明から平成まで、私たちと少女マンガはどう変わって行ったのか、変わらなかったのか。
自分の中に何を見つけたのか、何に夢を見て何に絶望したのか。

漫画の表現力の豊かさと、つくづく漫画に支えられて生きてきたなぁーと思いました。

ゴロツキはいつも食卓を襲う フード理論とステレオタイプフード50

福田里香 / 太田出版

スコア:

フード理論、何だそりゃー??

物語の中で食事シーンは情報が豊富です。
誰と何をどういう状況で食べてるかで、多くのメッセージが一瞬で伝わります。それが福田さんが見つけたフード理論。

さらに、ステレオタイプフードとは、
よく似たフード表現が慣用句のように繰り返されていること。

「賄賂は、菓子折りの中に忍ばせる」
「失恋のヤケ食いはいつも好物」

ってあるあるな物から

「逃走劇は厨房を駆け抜ける」

ってそういえばそうだねーなものまでエッセイとして仕立てられてます。

あとがきで、物語で描かれる食がじんわり現実に影響することが言われていて、
フィクションの食がリアルを動かすのが面白いなと思いました。

オノ・ナツメさんの挿絵がクールでユーモラスでした。
[PR]
by tamaki_jnb | 2012-08-22 12:40 | 漫画関連書

テルマエ・ロマエ IV (ビームコミックス)

ヤマザキ マリ / エンターブレイン

スコア:

テルマエ・ロマエ IV
今回は長期滞在でじっくり現代日本に驚くルシウス君。

宇宙兄弟(18) (モーニング KC)

小山 宙哉 / 講談社

スコア:

宇宙兄弟(18)
重心がぴたっと決まったような、パズルの最後のピースがはまったような気持ちよさ!
[PR]
by tamaki_jnb | 2012-08-22 12:01

バクマン。 20 (ジャンプコミックス)

小畑 健 / 集英社

スコア:

バクマン。 20
祝・完結!!
中学生からジャンプを背負う作家になるまで突っ走った10年間!
漫画が生まれる現場のライブ感、少年と大きい少年の熱血を楽しく読みました。

好きなキャラ筆頭は服部さんです。
熱血だけじゃ突っ走れないって知ってる大人だけれど、サイコーとシュージンの熱が感染して、
板挟みになって葛藤して、行動を導き出すのに共感しました。

それから福田くんの親分肌も好き!


少女の熱血物語も好き!少女ファイトとかね~~

ブラック・ジャック創作秘話~手塚治虫の仕事場から~ (少年チャンピオン・コミックス・エクストラ)

秋田書店

スコア:

漫画家つながりです。日本漫画の父で神で伝説まみれの手塚治先生を、
編集者やスタッフのエピソードから浮き彫りにした一冊です。
高いプロ意識、憎めない人柄、人情深さ故のエピソードが詰まってます。

修羅場はすざまじいです。常人離れした創作活動の原動力は何だったんだろう?
[PR]
by tamaki_jnb | 2012-08-19 08:07 | 漫画関連書

死生獄門/灼視線

死生獄門 (GUSH COMICS)

琥狗 ハヤテ / 海王社

スコア:

バラエティ豊かな短編集。
フェーン現象まで擬人化しちゃいます!!

灼視線 (二重螺旋外伝)

吉原理恵子 / 徳間書店

スコア:

灼視線 で、ねっしせん、と読むそうです。
表紙に惹かれて買ったら二重螺旋ってBL小説の外伝だった…
[PR]
by tamaki_jnb | 2012-08-19 00:30 | BL

読書感想文書き散らし


by tamaki_jnb