天然王子の宝石箱3

/ASIN_4253105785" target="_blank" class="clearfix">

天然王子の宝石箱 3

木々 / 秋田書店

スコア:

天然王子の宝石箱3
相変わらず眼福な絵とゆるゆるファンタジーのお話
[PR]
by tamaki_jnb | 2012-06-24 08:22 | 少年

新書・文庫になるのを待って読みました。

あんじゅう (新人物ノベルス)

宮部 みゆき / 新人物往来社

スコア:

宮部みゆきさんの人情もの。いつもながら安定してて安心して読めます。
因果がほどけないまま遣り切れない結末を迎えてしまう話、
ほどけないままだけれど切ない落とし所に軟着陸する話の両方入ってます。

張り込み姫: 君たちに明日はない3 (新潮文庫)

垣根 涼介 / 新潮社

スコア:

垣根 涼介さんと誉田 哲也さん、両方好きなのですけれど頭の中で混ざってしまいます。
垣根さん66年生まれ、と誉田さん69年生まれと年が近く、バブルのイケイケから終焉を体験しつつ、その主流からちょっと離れたところにいたこと、
重たい話を書いていても、どこかに軽やかさが隠れてる読み口からかしら。

君たちに明日はないシリーズ。
たかが仕事されど仕事。
食べるために仕事して、でもそれだけでは語り尽くせない、
うっかり生きがいになっちゃったりその人の本質とがっちり組み合っちゃったりの仕事。

リストラって崖っぷちに追い込まれた人たちのが、迫られながらどう働くか迷い、
ぽかっと道が拓けたりする爽快さ、3巻目でもたのしませてもらいました。
真介が恋人にだけ見せるアホの子ぶりも楽しい。
恋愛スタイルって若い時から変わらないものなのかしら。おばさんになってからカレシできてないからわからなーい。
[PR]
by tamaki_jnb | 2012-06-24 08:19 | エンタメ

放浪息子 13 (ビームコミックス)

志村貴子 / エンターブレイン

スコア:

放浪息子 13
おじさんの女装子登場。
こうしたい、こうありたいって夢と希望と、現実との擦り合わせ。

表紙折り返しに写真が載ってる旧仕事場、趣きがあります。成程ここからは越したくなかったですよね。

きのう何食べた?(6) (モーニング KC)

よしなが ふみ / 講談社

スコア:

きのう何食べた?(6)
この作品、すごいなあーと思うのは、二人の日常をまったり描きながら、年月相応に関係が深まってること。
サザエさんとか日常を描き続ける作品は数あれど、
一年たてば家族の関係も少しずつ変わってくるもの。
新刊発売ごとに細く長い付き合いの親戚や知り合いの近況を知るみたいで楽しい。
年月なりの変化が
[PR]
by tamaki_jnb | 2012-06-22 08:33 | 家族

犬の老いじたく―愛犬の老化と向き合うために (角川SSC新書)

中塚 圭子 / 角川SSコミュニケーションズ

スコア:


犬の家族として愛犬と、ドッグトレーナーとして犬とその飼い主さんに寄り添っている中塚圭子さんが
犬の老い、介護について書いた本です。
現場の実体験、try&errorから生まれた介護方法とともに、犬を見守る人たちの心情にも触れられていて、
貴重な一冊です。

([か]8-1)北里大学獣医学部 犬部! (ポプラ文庫)

片野 ゆか / ポプラ社

スコア:

北里大学獣医学部 犬部!
こちらは獣医学部の学生が動物たちの里親探しに奮闘するお話。
学業だけでも目いっぱいな中での身を粉にした活動にちょっと胸苦しくもなりました。
大学サークルにありがちな、卒業入学によって強制的にメンバーが変わる中で
組織としてどう運営するかって青っぽい悩みと
遺棄動物の保護、新しい飼い主探しって生々しい本音と向き合わざるを得ない活動のなかで
行き詰まったり犬が死んじゃったり、でもやっぱり新しい環境で幸せを掴む動物の姿にうれし涙を流したりの
ぐちゃぐちゃしつつ爽やかなレポ。
[PR]
by tamaki_jnb | 2012-06-21 08:07 | 動物

更新遅れてたら番外編まで出ちゃった。

午前3時の危険地帯 4 (Feelコミックス)

ねむようこ / 祥伝社

スコア:

午前3時の危険地帯 4
祝・完結!
たまこちゃんヘタレ卒業おめでとう!!

午前3時の不協和音 (Feelコミックス)

ねむ ようこ / 祥伝社

スコア:

脇役たちのスピンオフ集。
BGMはSMAPの「働く人々」で。
午前3時シリーズは、仕事したり恋したり仕事したり仕事したり悩んだり仕事したりの間に紡がれる
柔らかい物に気付かされる作品でした。
[PR]
by tamaki_jnb | 2012-06-20 23:40 | 仕事

松尾慈子さんの記事で紹介されてた作品二つ。

僕らの漫画 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)

「僕らの漫画」制作委員会 / 小学館

スコア:

経費を除いた収益を震災遺児・孤児の育英基金に寄付するために漫画家たちが書き下ろしたアンソロジー。
それぞれの作家さんが何をどう描くか思案した末の作品と感じました。
どれも心に残る作品です。
特にさそうあきらさんの作品が、やり場のない怒りをごまかさないって、
単純だけどなかなか出来ないことだけど、そうだよな―大事だよな―と思いました。

一つだけ注文すると、内容的にも意向としても、もう少し値段上げてもよかったと思います。

お慕い申し上げます 1 (ヤングジャンプコミックス)

朔 ユキ蔵 / 集英社

スコア:

お慕い申し上げます 1
生臭く迷走してる人たちがお寺に集まってます。
掲載のヤンジャンって煩悩てんこ盛りの雑誌じゃないですか。
[PR]
by tamaki_jnb | 2012-06-20 23:25 | 生き方

ましろのおと(6) (講談社コミックス月刊マガジン)

羅川 真里茂 / 講談社

スコア:

ましろのおと(6)
この方の漫画はしんみりした短編も良い一方、登場人物が増えると面白くなるの。
幼い時から友達に囲まれて育つ子もいれば、
雪みたいに、作り上げた自分の世界に共鳴する仲間が共鳴して
初めて人とのかかわりが育ってくる子もいるのね。

トーチソング・エコロジー (1) (バーズコミックス スピカコレクション)

いくえみ 綾 / 幻冬舎

スコア:

トーチソング・エコロジー (1)
いくえみ綾せんせいの、青春の尻尾時代を過ごしてる若者の話~
思春期の未消化部分にオトシマエのつけかた、また見守りたいです。
[PR]
by tamaki_jnb | 2012-06-20 09:08 | 少年

らいか・デイズ (14)

らいか・デイズ (14) (まんがタイムコミックス)

むんこ / 芳文社

スコア:

らいか・デイズ (14)
ちょっとマンネリ気味かなーと思ってたら14巻は面白かった!
[PR]
by tamaki_jnb | 2012-06-19 08:04 | 家族

宇宙兄弟(17) (モーニング KC)

小山 宙哉 / 講談社

スコア:

宇宙兄弟(17)
日々人にちょっと光が射して来てほっとしました。

映画見た後に読んだら六太は小栗君、日々人は岡田君にしか見えなくなっちゃった。
はじめ小栗君が六太って知った時、イケメンすぎだろうと思ったけれど、
映画が進むにつれてイケメンかどうかは関係なくなっちゃった。
映画のラストシーン、そうなるだろうとボンヤリ思ってたけれど、
おかげで原作では奮闘中の二人を安心して見守ることができます。

ちゃんと描いてますからっ! 2 (リュウコミックス)

星里 もちる / 徳間書店

スコア:

ちゃんと描いてますからっ! 2
ダメオヤジのせいで娘のスペックが上がって上がって…
☆少ないのはオヤジがイライラするからね。作品は上質ですよ!
もうちょっと煮詰まったら大きく展開するのかしら。
[PR]
by tamaki_jnb | 2012-06-19 08:00 | 家族

ぴかぴかBrand-new day (Feelコミックス オンブルー)

依田 沙江美 / 祥伝社

スコア:


かみなりソーダ (ディアプラスコミックス)

依田沙江美 / 新書館

スコア:


[PR]
by tamaki_jnb | 2012-06-13 23:40 | BL