<   2012年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

部活もの2冊ー

青空エール 9 (マーガレットコミックス)

河原 和音 / 集英社

スコア:

青空エール 9
水島の「音楽だって だれかの力になる」て台詞は、
震災のあと音楽に携わる人たちの多くが再認識されたでしょう。

音楽聴いてもお腹は一杯にならないし、怪我も病気も治らないけれど、
ごはんや薬では満たされない大事なところに力が満ちてくるね。
私は全然 no music no life な人ではありませんが、
この世から音楽が無くなっちゃったらかなり困ると思う。

BUTTER!!!(4) (アフタヌーンKC)

ヤマシタ トモコ / 講談社

スコア:

BUTTER!!!(4)
この部活の青臭さがいいのよ~~
[PR]
by tamaki_jnb | 2012-03-31 08:23 | 部活

キララの星(5)

キララの星(5) (講談社コミックス別冊フレンド)

森永 あい / 講談社

スコア:

キララの星(5)
☆は3.5.
おかしい。
[PR]
by tamaki_jnb | 2012-03-27 08:08 | コミカル

海月姫(9) (KC KISS)

東村 アキコ / 講談社

スコア:

海月姫(9)

主に泣いてます(5) (モーニング KC)

東村 アキコ / 講談社

スコア:


主に泣いてます(6) (モーニング KC)

東村 アキコ / 講談社

スコア:

主に泣いてます(6)
5巻アップしてなかった。
分かり合え無さがこれでもかこれでもかと波状攻撃。
[PR]
by tamaki_jnb | 2012-03-25 08:12 | 女性

NO.6〔ナンバーシックス〕#9 (YA!ENTERTAINMENT)

あさの あつこ / 講談社

スコア:

NO.6〔ナンバーシックス〕#9
祝・完結!
出てるの知らなくて慌てて買いました。大団円~
ここまでのハラハラドキドキ大いに楽しませていただきました。
ネズミはあさのさんの作品の中で一番色っぽい男の子でした。

燦〈2〉光の刃 (文春文庫)

あさの あつこ / 文藝春秋

スコア:

燦〈2〉光の刃
こちらもBoy meets boyのお話。
[PR]
by tamaki_jnb | 2012-03-21 23:22 | 少年

虎と狼 6 (マーガレットコミックス)

神尾 葉子 / 集英社

スコア:

虎と狼 6
祝・完結!神尾葉子さんは群れない女の子のお話をずーっと描き続けていて、
群れない女の子も群れにいる女の子も励まし続けてます。
猫と虎と狼、狼だけ群れを作るけれど、このお話の大神は一匹狼。
群れない人同士のお話でもあったなー。
群れないと孤立は違うっていうお話でもあった。

うさぎドロップ 10 番外編 (Feelコミックス)

宇仁田 ゆみ / 祥伝社

スコア:

うさぎドロップ 10
番外編を持ってこちらも完結!
映画化・アニメ化もされ、にぎやかな作品になりました。
映画は松山ケンイチさんと芦田愛菜のカップリング(?)がよかったですよ。

りんのおかあさんの、正子のお話がよかったです。一般論で言うと子供を捨てた彼女は悪い母親だけれど、
それを誤魔化さない、そしてちゃんと弱い正子。
本編では中途半端に悪い子のままだったのが短編ですっきりしました。
[PR]
by tamaki_jnb | 2012-03-21 09:10 | 家族

陽だまりの彼女 (新潮文庫)

越谷 オサム / 新潮社

スコア:

恋愛小説と思いきやファンタジーオチだった。

あした吹く風 (文春文庫)

あさの あつこ / 文藝春秋

スコア:

こちらも別の意味で恋愛ファンタジー。34歳バツイチの歯科医師と17歳の男子高校生の恋愛話。
あさのあつこさんの小説によく出てくる、家庭内の事件のために大人にならざるを得なかった男の子、
「大人 」というか、人生どうにもならないことがあると不条理をごっくんと飲み込んでお腹に抱えてる子供だから、
年相応の経験から少しずつ諦めたてきた30代からはまぶしかったりその激しさにめまいがしたり。
[PR]
by tamaki_jnb | 2012-03-19 08:26 | 恋愛
胸キュン作品ツートップ。

アオハライド 3 (マーガレットコミックス)

咲坂 伊緒 / 集英社

スコア:

アオハライド 3
男の子たちの仕草とか表情がいちいち萌えでたまりません。
女の子達のそれもキュート。女子は勉強するように。

ココロ・ボタン 7 (フラワーコミックス)

宇佐美 真紀 / 小学館

スコア:

ココロ・ボタン 7 (フラワーコミックス)
古閑くんがほだされてくのが可愛いね~
[PR]
by tamaki_jnb | 2012-03-18 07:55 | 恋愛

着物の悦び―きもの七転び八起き (光文社文庫)

林 真理子 / 光文社

スコア:

真理子おねえさま着物道、初級~中級にいたるまでのエッセイです。自分が初級後期なのでふむふむとそうそう!とはいりこんで読みました。
書かれたのが20数年前なので、おそらく着物のリサイクル市場が発達する前、
着物生活始めようとすると呉服屋さん、デパートでおあつらえだったので、敷居の高い時代です。

まだ自分の好みが掴めない頃
「お似合いですよ!ハヤシさんでなければ着こなせません」
と言われて買ったものの箪笥の肥しにしかなってない品のことなど、勉強代なのですが、0がいくつか違うんだろうな~と思いつつ読みました。失敗代で磨かれるところもあるんですよね…

中年以降のお洒落のカギは「冒険しないこと」って押田比呂美さんがいっておられましたが
マリコおねえさまからもそれを感じました。刺繍半衿とか素敵だけど、私は白とか。

雉猫心中 (新潮文庫)

井上 荒野 / 新潮社

スコア:

井上 荒野さん一度読もう、猫だしと買ったのですが、
自分はフィクションに分かりやすい夢々したものを求めているらしく、途中で読むのを止めてしまいました。
冴えない女と訳分からない男の情事です。
[PR]
by tamaki_jnb | 2012-03-17 08:03 | 着物

めろねこ

めろねこ (花とゆめCOMICS)

成田美名子 / 白泉社

スコア:

メロディに掲載された猫漫画アンソロ。
ペットを描いたコミックエッセイはなかなかいいものがなくて、これも残念組。面子は豪華です。
漫画家って絵の上手な人のあつまりですが、動物が上手いかはいろいろで、それを見るのは楽しい。
写真はどれも可愛かった♡
[PR]
by tamaki_jnb | 2012-03-16 08:22 | 動物

花に染む 3 (クイーンズコミックス)

くらもち ふさこ / 集英社

スコア:

花に染む 3
私やっぱりくらもちふさこ作品はよくわからないのだー。
陽大がカコイイのと、女の子同士腹は割り切れないけれども通じ合う感じはわかる。

オレンジ チョコレート 8 (花とゆめCOMICS)

山田南平 / 白泉社

スコア:

オレンジ チョコレート 8
声優かっ!と共に新刊が楽しみな白泉社作品。
表紙はりっちゃんの弁天小僧。いなせ!
[PR]
by tamaki_jnb | 2012-03-12 23:44 | 思春期

読書感想文書き散らし


by tamaki_jnb