<   2011年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

きのう何食べた?(5) (モーニングKC)

よしなが ふみ / 講談社

スコア:

きのう何食べた?(5)
のっけから富永さんご主人と、小日向さんの登場で引っ張り込まれました。
トマトの味噌汁、やってみたいけど、度胸が無い。
ゲイを隠すためにいっぱい嘘をつくって、あーそーなのかーでした。
そして、オネエは入ってないけどオバチャンが入ってるって、シロさん男前なのに…

必ず入っている家族の話。
ご両親とシロさんとの埋めきらないズレが可笑しくって少し物悲しいです。

ピアノの森(20) (モーニングKC)

一色 まこと / 講談社

スコア:

ピアノの森(20)
発売日が何度も延期されて、やっと手元に来ました。
表紙の海くん、愁いを帯びてます。

良い子ばっかりだねぇ…
[PR]
by tamaki_jnb | 2011-09-28 23:41

純愛小説/小石川の家

純愛小説

篠田 節子 / 角川書店

スコア:

当人同士が純愛と思っていても、周りから見ると歪んでることってあって、
それがやりきれなかったり、グロテスクだったりでした。くわばらくわばら。

小石川の家

青木 玉 / 講談社

スコア:

出版されてすぐ読んで、面白かったんです。17年前。
その時は、おじいさんやおかあさんに叱られる玉子さんに、自分が叱られた時の心細さを蘇らせてました。
今読んで思うのは、おじいさんの憎み切れない理不尽、玉子さんへのちょっとわかりずらい愛情、
おかあさんの家族を支える気持ちの張りです。
[PR]
by tamaki_jnb | 2011-09-28 23:14

兄(アニ)さんと僕 (花とゆめCOMICS)

西炯子 / 白泉社

スコア:

兄(アニ)さんと僕
西炯子さんのギャグにはどーも着いて行けんの。

恋と軍艦(1) (講談社コミックスなかよし)

西 炯子 / 講談社

スコア:

恋と軍艦(1)
「なかよし」に掲載。
私にとって「なかよし」は「キャンディ・キャンディ」なんです。
今のなかよしは、間口がひろがったのか、路線が変わったのか、
こんなへそ曲がりな作品、大丈夫なんですか?
BLくさい中年男性二人組でいいんですか??
[PR]
by tamaki_jnb | 2011-09-25 02:16

アゲイン!!(1) (KCデラックス)

久保 ミツロウ / 講談社

スコア:

アゲイン!!(1)
高校三年間、友達もできず、なーんにもしなかった男の子が、
卒業式の日から入学式にタイムスリップして高校生活をやり直すお話。
脇役のチアリーダーの子が黒くて黒くて。
少年誌にこういう子を描けるようになってよかったなぁ(のか?)

ヒロイン失格 1 (マーガレットコミックス)

幸田 もも子 / 集英社

スコア:

ヒロイン失格 1
腹黒女子つながりで。
こちらのはとりちゃんは、腹黒いというより、本音を隠さない愛嬌ある子です。
変顔がすごい。
[PR]
by tamaki_jnb | 2011-09-24 00:06

うどんの女 (Feelコミックス)

えすとえむ / 祥伝社

スコア:

えすとえむさんは、BLじゃない作品が私には面白いです。
美大の学食で働くバツイチの女性と学生の年の差ラブコメ。
女性がうどん担当なのでうどんの女です。
年の差もあるし、立場も全然違うし、無いだろーと互いに思ってるのに、
少しずつ近づいて行ってしまうのが楽しいラブコメでした。
そういえば、もっちりしてうねうねする白いうどんはなまめかしい。

ましろのおと(4) (月刊マガジンコミックス)

羅川 真里茂 / 講談社

スコア:

ましろのおと(4)
少年誌で、女の子や女性が添え物でなく描かれててうれしいです。
この作品も、少年を周りで支える大人がいてくれていいです。
[PR]
by tamaki_jnb | 2011-09-23 22:17

帰り道で恋に惑う (GUSH COMICS)

水渡 ひとみ / 海王社

スコア:

表紙買い。楽しく読みました。
男女のカップルなら平凡極まりないお話なのに、どうしてこんなに楽しいお話になっちゃうのかしら。

侍ばんぱいや (F×COMICS) (F COMICS)

おがきちか / 太田出版

スコア:

これも表紙買い。
こんな絵ですがギャグまんがでした。
渋くて腕もいいのに、ちと間抜けな浪人がうっかりバンパイアになってしまってすったもんだするお話、ちょっとHです。
[PR]
by tamaki_jnb | 2011-09-23 00:33

君と僕。(10) (ガンガンコミックス)

堀田 きいち / スクウェア・エニックス

スコア:

君と僕。(10)
祐希が一杯出てます。テンション低いから、一見活躍してないけど活躍してます。
11巻の学ラン楽しみですね!!! 

堀田きいちOFFICIAL FANBOOK 君と僕。 -AFTER SCHOOL-

スクウェア・エニックス

スコア:

迷ったけれど買って良かった♡
カラーイラストが、ふんわり ほのぼの ちょっとギャグ で、
浅羽兄弟がかっこよくて惚れ惚れしました。
5人でじゃれ合ってる絵がやっぱりいいです。

インタビューで、以前はもっとギラギラした絵を目指していたけれど、ある時期から
見た人を幸せにする絵を描きたいと思い始められたそうで、
そうでよかったなぁーとつくづく思いました。

軽やかな線が、穏やかに感じられたり、たまらなく色っぽく見えたり、
何でこんな線が描けるんだろう。

巻末に志村貴子さん、羽柴麻央さんがトリビュートイラストを寄せていて、
好きな作家さん同士仲良しさんのようで、嬉しくなってしまいました。

10月からアニメ化です。オフィシャルサイト→www.kimiboku.tv/
[PR]
by tamaki_jnb | 2011-09-23 00:09

恋愛嫌い/梅鴬撩乱(1)

恋愛嫌い

平 安寿子 / 集英社

スコア:

積読消化で手に取ったら、思いの外面白かった!
人生の中で恋愛の優先度の低い30歳前後の女性3人のお話。

そうなんだよねー恋愛なんかしなくても生きて行けるんだよね。
恋愛に過剰に期待する人が多すぎる。自分を含めて orz

恋愛に対してだけでなく、「前向き」という言葉が嫌いとか、何事に対しても熱くなり過ぎないのが新鮮で、
こういう世の中の見方、世の中に対する態度もありだなぁーと感心してしまった。

そして最終章、3人のうちの一人が、父子家庭の5歳の男の子の
おかあさんになりたいという理由でする結婚に、
家族になるのに一番大事なのは一緒に暮らしたいって意思で、
男女の愛は必要条件ではないよなと改めて思いました。

梅鴬撩乱(1) (KCx ITAN)

会田 薫 / 講談社

スコア:

絵はすごく上手で、導入に引き込まれたのだけれど、4話で話が動き出すところで何故か面白くなくなってしまった…
[PR]
by tamaki_jnb | 2011-09-20 23:10

世界よ踊れ―歌って蹴って!28ヶ国珍遊日記 アジア・中東・欧州・南米篇 (幻冬舎文庫)

ナオト・インティライミ / 幻冬舎

スコア:

24歳の男性が515日かけて単身世界中を廻った旅日記の前半。
音楽とサッカーとユーモアを通して旅先の人々と心を通わせます。

抜群の行動力とタフさで貧乏旅行を切り開き、
困った時には機転をきかせたり人の懐に飛び込んで思いがけない結果を手に入れていきます。

危険な目にもあってハラハラしますが、数回の海外旅行で身に付けたらしい嗅覚と、
「生きて日本に帰る」こと、
旅の目的を見失い、感性をすり減らしてしまったり、無為に一ヵ所にとどまってしまうことの危険を忘れないので安心して読めます。
とっても面白い冒険記でした。

結婚の条件 (朝日文庫 お 26-3)

小倉 千加子 / 朝日新聞社出版局

スコア:

2003年に刊行されたものの文庫化。
この頃から世の中の状況は変わっており、当時「条件」を打ち立てていた人たちは、その後どうしたのだろうと思います。
条件を死守して叶えたのか、叶わず一人で居るのか、条件を見直して結婚したのか。

「専業主婦になるのが理想の結婚 」と思うに至る理由を多様な視点から書かれていて、
それぞれに説得力があり女性像が目に浮かぶのですが、
理想の結婚像が画一的で、とても危うく感じます。

専業主婦はハイリスクです。

でも、そう言っても専業主婦願望が強い人の耳には入らないんだろうな…

それに、仕事が人生のかけがえない一部な人、経済的な理由だけでなく仕事を手放せない人も確実にいるのに、そこが全く無視されているのも物足りなかったです。
[PR]
by tamaki_jnb | 2011-09-19 23:13

君に届け 14 (マーガレットコミックス)

椎名 軽穂 / 集英社

スコア:

君に届け 14
はぁぁぁ相変わらずじれったい… 爽子と風早には小さな階段一つずつきっちりキュンキュンさせていただいてごちそうさまです。
14巻はあやねちゃんの涙にしみじみとさせられました。恋愛番長と思いきや、「自分からすきになったことない 」 「好きだからつきあったことない」と、根っこのところで欠けてたのに気付いて涙する姿に
ヨシヨシしてあげたくなりました。ヨシヨシしてもらってよかったね。

海月姫(8) (講談社コミックスキス)

東村 アキコ / 講談社

スコア:

海月姫(8)
新たな助っ人が関西弁をあやつるインド人。
[PR]
by tamaki_jnb | 2011-09-19 10:05

読書感想文書き散らし


by tamaki_jnb