<   2011年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

夜と星のむこう 1巻

今 市子 / 少年画報社

スコア:

日常に違う掟で生きている龍一と玄が割り込んでくる気持ち悪さがたまりません。
怖い物読みたさだけど、続きが出てないんですね。

砂の上の楽園 新版 (ソノラマコミック文庫 い 65-4)

今 市子 / 朝日新聞社出版局

スコア:


[PR]
by tamaki_jnb | 2011-06-26 08:34

五つの箱の物語 新版 (ソノラマコミック文庫 い 65-3)

今 市子 / 朝日新聞社出版局

スコア:


懐かしい花の思い出 新版 (ソノラマコミック文庫 い 65-1)

今 市子 / 朝日新聞社出版局

スコア:

今市子さんのBLは萌えん。
[PR]
by tamaki_jnb | 2011-06-26 08:20

幻月楼奇譚1-3

幻月楼奇譚(キャラコミックス)

今 市子 / 徳間書店

スコア:


幻月楼奇譚 (2) (キャラコミックス)

今 市子 / 徳間書店

スコア:


幻月楼奇譚 (3) (キャラコミックス)

今市子 / 徳間書店

スコア:

百鬼夜行と同じく、一回読んだだけじゃ頭に入りません。
死んじゃった人は誰の恋人でどういう因縁だったの?とか、
この人見覚えあるけど誰だっけ~~とか、
ページを行ったり来たりして分かると、ううんそうだったのかぁとホロリとしたり、ゾーっとしたり。

「手首」が何度も出てきます。大事なイメージなのかな。

1巻巻末の分け目の話、昔の漫画やアニメは、正面向いてる側に分け目があったとおもう。 
右向いてたら右に、左向いてたら左に。
だからアニメで、横顔→正面→横顔て動いてく場面では分け目が移動していくのを見ながら
子供心に「そういうお約束なんだろうな」って見てました。
[PR]
by tamaki_jnb | 2011-06-19 08:18

燦〈1〉風の刃 (文春文庫)

あさの あつこ / 文藝春秋

スコア:

The MANZAIと入れ違いに始まった作品。歴史ファンタジーです。
真面目な少年と個性的な少年が軸なのはいつも通り。
少年剣士の凛々しさ、健気さがいいです。

らいか・デイズ(12) (まんがタイムコミックス)

むんこ / 芳文社

スコア:

らいか・デイズ(12)
むんこさんの新刊が出ると子供たちと取り合いです。
みんな元気にしてたんだね、よかったよかったと読んでます。
[PR]
by tamaki_jnb | 2011-06-14 22:58

志水ゆき全集1 LOVE MОDE (1) (ディアプラス・コミックス・デラックス)

志水 ゆき / 新書館

スコア:

志水ゆき全集 LOVE MОDE 全6巻
是に劣らず濃いお話でした。
絵とお話の進化過程が見られたのも楽しかったです。

暁の息子 (アフタヌーンKC (234))

樹 なつみ / 講談社

スコア:

樹せんせいにしては凡作。
[PR]
by tamaki_jnb | 2011-06-14 08:26

ベルカ、吠えないのか? (文春文庫)

古川 日出男 / 文藝春秋

スコア:

軍用犬から見た戦争の話。

自意識過剰! (新潮文庫)

酒井 順子 / 新潮社

スコア:


[PR]
by tamaki_jnb | 2011-06-13 08:25

文藝別冊 蜷川実花

河出書房新社

スコア:

子育て対談で東村アキコさんが登場してます。
蜷川さんと二人とも子供を産んでからいかに合意的に手早く仕事を終わらせるか拍車がかかった話の中で東村さんが、周りの人に「もっと丁寧に描け」と言われたのに
「丁寧に描いたって下手な物は下手なんだから、下手なりに速く描いていっぱい描いたほうがいいじゃん!」って言い返し、
「昔の漫画は今みたいに丁寧じゃなかったと思う 」という言葉になるほど~~と思った。

ノートの端の、ぷっと笑っちゃうような落書きも漫画の素の一つだもんね。

数秒しか見ない見開きに数日かけて描き込むのも、その訴える力も確かにあるけれど、
漫画の軽やかさは見失っちゃいけないなと感じました。

午前3時の危険地帯 3 (Feelコミックス)

ねむ ようこ / 祥伝社

スコア:

午前3時の危険地帯 3
ねむさんの新刊だい♪

たまちゃんがスクラップしてる仕事の申し送りの付箋、
メッセージに添えられてるももちゃんの落書きをみて↑のことを思いました。

あきほちゃん可愛いね。
[PR]
by tamaki_jnb | 2011-06-11 22:47

蝶尾 (GUSH COMICS)

トジツキ ハジメ / 海王社

スコア:


僕と彼女と先輩の話 (ウィングス・コミックス)

トジツキ ハジメ / 新書館

スコア:


トジツキハジメさん、間口が広いんですね!
蝶尾は耽美、The day was not fineはポップBL,僕と彼女と先輩の話は民俗ホラー。

坊主頭でB系でBLて??だったのに、トジツキさん読んでるとアリだよねーって思うのは
トジツキさんがすごいんだよね?私が染まりやすいんでなくて037.gif
ともあれ萌えの範囲が広がるのは楽しいことです。
[PR]
by tamaki_jnb | 2011-06-07 08:26

知る辺の道 /CLAYMORE 20

知る辺の道 (バーズコミックス ガールズコレクション)

紺野 キタ / 幻冬舎

スコア:

紺野キタさんの短編集。この方のファンタジー好き。毒舌な女の子も。

CLAYMORE 20 (ジャンプコミックス)

八木 教広 / 集英社

スコア:

CLAYMORE 20
おっとまだ全部読んでなかった。
[PR]
by tamaki_jnb | 2011-06-07 08:25

バクマン。 13 (ジャンプコミックス)

小畑 健 / 集英社

スコア:

バクマン。 13
平丸くんクローズアップですね!恋愛読み切り競作から平丸くんの恋バナへ。
平丸くん男前度5割アップだったよ。

編集さんの違いも読みどころで、
服部さんはお兄さんタイプ、
港浦さんは一緒に迷うタイプ、
吉田さんは飴と鞭で手綱をとるだけかとおもったら、熱い人でした。
「仕方なく描いた漫画が面白い!!天才だ!そんな先生は他にいない 」て、
この場面じゃなかったらヲイヲイヲイな殺し文句。

プリンシパル 1 (マーガレットコミックス)

いくえみ 綾 / 集英社

スコア:

プリンシパル 1
いくえみせんせいの新作☆
村八分されないように用心するって、テーマにするの流行りなの?アオハライドもそうだし…

晴歌の目が笑ってない笑顔、P35の「どっち?」と、P62の「なんで?」が全く同じ顔でコワー。

潔く柔くは成人女性、爛爛は中学生、プリンシパルは高校生、
それぞれの心のひだの違いが描き分けられてて面白い。
[PR]
by tamaki_jnb | 2011-06-06 08:30

読書感想文書き散らし


by tamaki_jnb