<   2011年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

純情クレイジーフルーツ 前編 (1) (ぶーけコミックス)

松苗 あけみ / 集英社

純情クレイジーフルーツ 前後編

山田くんと佐藤さん 前編 (1) (ぶーけコミックス)

松苗 あけみ / 集英社

山田くんと佐藤さん 前・後
そうそう、学園漫画って、こういう感じだった!
大人になる不安、学校の世界の社会との隔絶感を描くのは今の作品とおなじなんだけど、
なんだろう、まだまだ牧歌的っていうか、おぼこいというか。
[PR]
by tamaki_jnb | 2011-01-29 08:27

内田善美先生

漫画友達のIさんがご実家の納戸から発掘された貴重なコミックを貸していただきました。リアルタイムのぶーけは素通りしてきました。タイムスリップです。

星くず色の船 (1977年)
秋の終わりのピアニシモ (1978年)
ひぐらしの森 (1980年)
空の色ににている (1981年)

表紙の画像を載せようとざざっとネットを探しても見つかりませんでした。
過去の作家さん扱いなんでしょう。
そして、中古本の高騰ぶりにびっくり。過去の、っていうより伝説の作家さんなんですね。

「星くず」、「秋の終わり」を読みながら、このころ私たちはこういう可愛くて洒落たものに飢えてたなと思いだしました。男の子たちも、少しも男臭さがない、少女の夢を壊さない存在。
今の少女漫画はリアルと地続きです。夢を育てながら元気づけてくれます。

「ひぐらし」「空の色」は、現代の作品に通じる、心のひだを繊細に掘り下げた作品です。
2-3年の短期間で駆けあがってこられたんですね。
この後さらに駆けあがってゆかれたのかしら…
[PR]
by tamaki_jnb | 2011-01-23 08:21

スリークオーター

スリークオーター (花音コミックス)

やまがた さとみ / 芳文社

スコア:

これが初コミックだそうです。
やまがたさとみさんのコミックで今入手可能なのはこれで全部かな。

キャリアは10年くらい。子育てしながら細く長く描いてる方のようです。
BL小説の挿絵の仕事もされてます。
西村しのぶ風の乾燥したタッチで、濡れ場満載でもサラサラしてます。

体から関係を始めておきながら、
教師と生徒(ハニーベイビー)とか、
不倫(キスキスキスII kiss006)とか、
お母さんの再婚相手(キスキスキスI JU-ROKU)とか、(←これは体関係なし)
相手に本命がいるって知ってる(感情回路)とか、
どーんと恋に飛び込めない事情の周りで
うじゅうじゅ悩む様子がオサレなネームで綴られてます。


  道ハズしてとことんゆがんで
  今までのすべてがオマエに出会うための
  
  「ウンメイガヨウイシテクレタレッスン」
  なーんて唄みたいなロマンチックはないけれど

  深沢
  目の前のリアル

  オレが救われたことに変わりはない

  オマエに代われるものなどない

       フェイクファー「恋の終わりからはじまる」より

てなかんじです。

この方の作品のどこが好きなんだろうって、よくわからないんだけど、
登場人物たちの脆さ儚さと、最後のところで自分を見捨てないところかなぁ。
[PR]
by tamaki_jnb | 2011-01-21 07:56
男女物でも、まず体の関係から始まります。

キスキスキス (Miu comics DX)

やまがた さとみ / 秋田書店

スコア:


砂漠を泳ぐ、眠る (Feelコミックス)

やまがた さとみ / 祥伝社

スコア:


[PR]
by tamaki_jnb | 2011-01-19 22:09
ハニ―ベイビーが面白かったので、やまがたさとみさん固め読み。

フェイクファー (花音コミックス)

やまがた さとみ / 芳文社

スコア:

初恋はノンケの男の子。彼とは友達のまま過ぎて、心と体がさまよって、「恋のおわりからはじま」って大団円。

感情回路 (花音コミックス)

やまがた さとみ / 芳文社

スコア:

フェイクファーにちょっと出てきたマキのキューピッド活動と、心と体のさまよい編。
[PR]
by tamaki_jnb | 2011-01-19 21:58

朝がまたくるから (花とゆめCOMICSスペシャル)

羅川 真里茂 / 白泉社

スコア:

3つの短編、どれもずしっときました。
一番響いたのは「半夏生」。行き詰った二人が出会って、互いに相手の欲するものを持ってて、「共犯者」として新しい世界にはまって行く。
リオのはまって行くのが止められないところ、強がりと弱さの両面、魅力的に読みました。

植物図鑑 (ダイトコミックス)

水城 せとな / 大都社

スコア:

初期の作品は命がけの恋が多いですね。黒アリもそうか。
[PR]
by tamaki_jnb | 2011-01-19 13:15

1999年七の月~上海 1 (花音コミックス)

水城 せとな / 芳文社

スコア:

1999年七の月~上海全4巻
上海のストリートギャングでBL。リアルタイムで読んでたとして、ここから「同棲愛」は予想できても、ここ数年の活躍は私には不可知だったろうなー。

美少年 オールカラー版 (ジュネットコミックス 総天然色シリーズ 2)

小野塚 カホリ / ジュネット

スコア:

小野塚カホリさん、初めて読みました。横な入り方ですよね?
上手だなぁー!!
私が分からないところまで丁寧に作ってあるんだろうなって感じます。いやいや大事なのは上手さじゃなくて、ぎゅーっと作品の世界に引っ張り込んで堪能させてくれる力です。
[PR]
by tamaki_jnb | 2011-01-19 08:02

Piece 1 (フラワーコミックス)

芦原 妃名子 / 小学館

スコア:

Piece 1 -5
「カレカノ」「フルバ」系の、子供時代にかけられた呪いを解くお話。
亡くなったクラスメイトの恋人を探しながら、亡くなった彼女、登場人物たち自身の隠れてた事情や気持ちが明かされて、びっくりしたり切なくなったりでした。
自分を守るために身に付けた不本意な護身術、自分も他人も結局傷つけてしまうそのやりかたに気付き、
子供時代の終わりを過ごしています。
主人公が親を許すとか殺すじゃなくて、されてきたことから解放される感じに慰められました。
5巻の始め、すこし明るい展開になったと思ったらどーんと気がかりな引きで終わって、うひーでした。

勝手にしやがれ (1) (Miu comics DX)

紺野 けい子 / 秋田書店

スコア:

勝手にしやがれ全2巻
婦人公論の読者の体験談みたいなおはなし。なまなましいです。
[PR]
by tamaki_jnb | 2011-01-19 01:23

兎オトコ虎オトコ 1 (ショコラコミックス)

本間 アキラ / 心交社

スコア:

兎オトコ虎オトコ 1-2
この方も上手な作家さんですね。
卯月は松苗あけみさんの可愛い男の子を思わせます。ええまだ3巻出てないの??続き読みたい(>▽<)

世界一初恋 ~小野寺律の場合~ (あすかコミックスCL-DX)

中村 春菊 / 角川グループパブリッシング

スコア:

世界一初恋 ~小野寺律の場合~ 1-3
律のグダグダさがリアルで、高野のかっこよさがものすご非現実で面白い。1冊に1-2回高野の殺し文句にしびれました。2巻の「家までもたない」とかね!012.gif
ラブシーンはワンパターンなので頑張って。071.gif
[PR]
by tamaki_jnb | 2011-01-14 08:20

美しく燃える森 ( シャレードコミックス ) (CHARADE BOOKS COMICS)

依田 沙江美 / 二見書房

スコア:


すごく好きな人と暮らしてるのに、「放っといてほしいな」「一人にしてほしいな」って思うこととか、
テンポがあわなくてイラッと険悪になるのとか、あるあるでした。

バクマン。 11 (ジャンプコミックス)

小畑 健 / 集英社

スコア:

バクマン。 11
岩瀬さんキャラ変わったね… 蒼木さんもそうだったね…
[PR]
by tamaki_jnb | 2011-01-09 22:27

読書感想文書き散らし


by tamaki_jnb