<   2010年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

3月のライオン 5 (ジェッツコミックス)

羽海野 チカ / 白泉社

スコア:

3月のライオン5
桐山くんが、小さな子どもの頃に得られるはずだった、友達と一緒にいる安心感や心が踊る気持ち、
憧れ尊敬できる大人との出会いなど、取り戻していくのを見ると涙が出ちゃう。
いつからでも、どこからでも、満たされる縁があるって、勇気づけられます。
島田さん、どんどんいい顔になるね。

REAL 10 (ヤングジャンプコミックス)

井上 雄彦 / 集英社

スコア:

リアル10
えっもう10巻だったの?
高橋くんがやっと車いすバスケに出会ったよ?
美内せんせいに、ガラかめの完結を祈るように、
井上先生にもリアルの完結をお祈りします。

いつか必ずやってくる…
「できるようになる」瞬間まで―――

って台詞が10巻のキモでした。
[PR]
by tamaki_jnb | 2010-11-29 07:51

セックスなんか興味ない 1 (IKKI COMIX)

きづき あきら / 小学館

書店でパラ~と見て買いました。初めての作家さん。
セックスがからんだ、やりきれない切ない少し救いのある短編が集められてます。

ドミノ (マーガレットコミックス)

山口 いづみ / 集英社

スコア:

これもパラ~と見て買いました。
[PR]
by tamaki_jnb | 2010-11-28 23:17

ピアノの森(19) (モーニングKC)

一色 まこと / 講談社

スコア:

ピアノの森19
カイの演奏シーンにときめいていたら、結果が明暗を分けてウワーンでした。

風光る 29 (フラワーコミックス)

渡辺 多恵子 / 小学館

スコア:

風光る29
にぶちんめ。
[PR]
by tamaki_jnb | 2010-11-28 23:08

君たちに伝えたい3つのこと―仕事と人生について 科学者からのメッセージ

中山 敬一 / ダイヤモンド社

スコア:

最先端の研究者を目指すためにの心がけを書いた本。

「3つのこと」とは
① 人生には「目標」と 「戦略」が必要で、それは理性的に自分で決められる。
② 誰かのためでなく、自分のために生きよ。結果としてそれが人の役に立つ。
③ まずはルーチンワーカーではなく、クリエイタ―を目指すべき。

これらがご自身の研究者としての経験談で補強しながら語られています。

ルーチンワークとオリジナリティを求められる作業、
どんな仕事にもそれぞれ割合があって、タイミングやら状況でその割合は変わったり変えたりで、
この作者さんはオリジナリティを極めるためにの作戦やら心構えやらを説いてます。

人生を自分の手にしっかり握りしめる、その握力と持続力のために必要なこと。

私は上の三つに、プライドに支えられた意志を加えたいです。

リミット(3) (講談社コミックスフレンド B)

すえのぶ けいこ / 講談社

スコア:

リミット3
日向くんの登場は、どうバランスを変えるのかな。この子はお日様みたいな良い子みたいだけど、
なんだかイヤ~な予感がします…
[PR]
by tamaki_jnb | 2010-11-28 23:01

おそろし/リバース

おそろし (新人物ノベルス)

宮部 みゆき / 新人物往来社

スコア:

こんがらかった人の綾から人殺しが起こって、
模倣犯や名も無き毒ではそのまま放りだされてしまったのが
結末のカタルシスが、今書きながら思った、
綾のもつれから起こってしまった人殺しだから救いのある終わりにしたのかな。

REVERSE―リバース (中公文庫)

石田 衣良 / 中央公論新社

スコア:

ネットおかまとネットおなべが出会って関係を深めていくおはなし。
面白く興味深く読みました。
男らしさ、女らしさを、若い人たちほど手放しやすい。
ネットコミュニケーション独特の軽さ、仮面の被りやすさと逆にネットだからこその外しやすさ、本音の出しやすさもうなづきながら読みました。
[PR]
by tamaki_jnb | 2010-11-28 22:50
たまっちゃった~ さくさく列記で。 (´・ω・`)

ハニバニ! (集英社文庫―コミック版)

いくえみ 綾 / 集英社

スコア:


いとしのニーナ 4 (バーズコミックスデラックス)

いくえみ 綾 / 幻冬舎コミックス

スコア:

いとしのニーナ4
よくわかんにゃい…
[PR]
by tamaki_jnb | 2010-11-28 22:37

& 1 /花宵道中 4

& 1 (Feelコミックス)

おかざき 真里 / 祥伝社

スコア:



花宵道中 4 (フラワーコミックスアルファスペシャル)

斉木 久美子 / 小学館

スコア:


[PR]
by tamaki_jnb | 2010-11-26 08:17

弾丸ティアドロップ(1) (アフタヌーンKC)

稲見 独楽 / 講談社

スコア:

弾丸ティアドロップ(1)
生煮えな暮らしをしてた高校生が、素敵な女の子と出会ってがらりと世界がひっくり返ってしまうお話は沢山あれど、出会った相手が腕こきの殺し屋で、
そういう女性ってミネフジコみたいなぼんきゅっぼんか
マトリックスのトリニティーやニキータみたいなクールでダークだったけど、
この作品のみゆきは少女の面影が残る可愛い和風美人です。
中身は凄みを感じます。
で、対する七瀬も普通の男子高校生と思いきや、みゆきの正体に感づき、彼女に近づくため
驚くべき行動力と計画性を発揮します。

天才 柳沢教授の生活(29) (モーニングKC)

山下 和美 / 講談社

スコア:

天才 柳沢教授の生活(29)
最新刊買っちゃった~ どのお話も素敵だった。
でもやっぱり、お母様を送ったお話が一番じーんとしました。
[PR]
by tamaki_jnb | 2010-11-25 08:14

僕らはいつも 6 (マーガレットコミックス)

藤宮 あゆ / 集英社

スコア:

僕らはいつも 6
ちょっと飽きてきたかな…

きのう何食べた?(4) (モーニングKC)

よしなが ふみ / 講談社

スコア:

きのう何食べた?(4)
シロさん、ちょっとふけた?
[PR]
by tamaki_jnb | 2010-11-20 07:53

よろめき番長 (花音コミックス)

依田 沙江美 / 芳文社

スコア:

初めて読みました依田 沙江美さん。往年のりぼんを思い出す絵柄です。
こういう作品読んだのは初めて。こういうって、どういうのか上手く言えないんだけど、心の免疫力が低い若葉に居場所があって、荒波じゃなくてさざ波が寄せて返す暮らしが←若葉には荒波だけど 描かれてました。
若葉の、植物みたいな逞しさを面白く読みました。
ぐいぐい押されると抵抗できないのに、相手が抵抗できないとじわじわと本領発揮するのが、
ばっさり切られたり抜かれたりしても根っこが残ってるといつのまにか元気に新しい葉っぱを出す
そういう逞しさも面白かったです。

ガラスの仮面 46 (花とゆめCOMICS)

美内 すずえ / 白泉社

スコア:

ガラかめは、中学生の気持ちに戻って読むのが楽しく読めます。
真澄さまのシャワールームの装飾とか、
亜弓さん紫織さんの髪の盛り具合とか、
中学生の頃は「大人の世界はこんななんだな」と、すんなり憧れてました。
[PR]
by tamaki_jnb | 2010-11-18 08:05

読書感想文書き散らし


by tamaki_jnb