<   2010年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

街場のマンガ論

内田 樹 / 小学館クリエイティブ

スコア:


内田先生の本は、理解できるのは半分くらいです。「二項対立の記号群」やら「フェミニズム言語批判」やら出てくると目が上滑って行ってしまいます。
でも、分かるところはとても面白くて、
セリフと絵を同時に読み取って行くのは、表意文字の漢字と表音文字の仮名の混じった文を読んでいる日本人だからできることで、外国人で漫画がよめるのは特殊技能を持ってるといえること、
さらに少女漫画は絵にもセリフにも描かれていないところを読み取る技も要求されること、
へぇぇーでした。
内田先生がこれを身に付けられたのは、元妻さんが漫画を大量に読み、かつ夫さんにも読ませ感想を言わせる人だったからだそうです。
元妻さんGJ!

思い出袋 (岩波新書)

鶴見 俊輔 / 岩波書店

スコア:

著者の鶴見俊輔さんが80歳から7年間毎月綴ったエッセイを集めたものです。こちらも描かれてる半分も分かりません。
80歳を過ぎても心の瑞々しさを保てるのだなぁと、おどろき励みになりました。
当時のエリート学生の生活が垣間見られて興味深かったです。

「学校という階梯」という一文は
「人間には卒業しやすい型と卒業しにくい型とがある」
と始まります。
「卒業しやすい型」っていうのは、学校で教えられることを従順にこなしていく人のこと。
「卒業しにくい型」は、「自分の経験を吟味することから」「道をひらいた。」人のこと。
圧倒的に前者が多く、鶴見さんが親しみと敬意をもつのは後者だとおっしゃってます。

私は学生の時は前者で、世の中に出て試行錯誤してる最中に後者の型も身に着いた、かな?
ただ、もがいてる最中、学校で盲目的に身に付けたことが役に立った実感はあります。
[PR]
by tamaki_jnb | 2010-10-30 23:00 | 漫画関連書

シマシマ(12) (モーニングKC)

山崎 紗也夏 / 講談社

スコア:

シマシマ12
終わった… 30代女子のモラトリアムを抜けるお話だったのね。
ガイくんは、小池徹平君がモデルだったそうで、うん成程、きっと本物の徹平君はもっと骨があると思う。

ランちゃんが「まぁ… 好きにすれば ……と」
って言うのは分かる気がしたけど、それはフェア精神っていうより、こだわりの薄さなのかしら。 

その後
「こういうときの女の人は少しめんどくさい…」  (ランちゃんもそう思うのね026.gif
とか、「手は抜かないよ」って言ってた割には淡泊だったりで、なんだか歯がゆかったなぁ。
最後、シオさんが電話してた相手は社長さんなんでしょうか?
あの切れ者でセクハラな人? 意外ー

GIANT KILLING(17) (モーニングKC)

ツジトモ / 講談社

スコア:

GIANT KILLING17
笠野さんの、「想像以上のことをしでかして 観ている人間の心を揺さぶっちまう」
のは、この漫画だなぁーと思いました。
[PR]
by tamaki_jnb | 2010-10-30 07:59 | エンタメ

このたびは/懺悔

作品集このたびは (Feelコミックス)

えすとえむ / 祥伝社

スコア:

お名前は知ってたけど初めて読む作家さん。家族のいろいろなお話が入ってます。
どの家にもきっと、こういう型にはめられない、それしかなかったってドラマがあるんだろうなー。

懺悔 (バンブーコミックス 麗人セレクションDX)

鹿乃 しうこ / 竹書房

スコア:

表紙の男の子の強いまなざしに表紙買い。こちらも初めて読む作家さんです。

自分にひどいことをした人を憎みながら許そうとするお話が繰り返しされてます。
許さなくていいんじゃない?
許して楽になりたいの?
相反する気持ちを抱える苦しさを描きたいの?
[PR]
by tamaki_jnb | 2010-10-30 00:07 | 家族

椿だより (EDGE COMIX)

イシノ アヤ / 茜新社

スコア:

椿びよりの続編。5年後のお話です。
好きな人を振り返らせようとがんばるとか、ぐるぐるするとか、そういうの全然なくて、
あったかくてふわふわとして、でもしっかりした繋がりが生まれてるのがほんとにいいです。

恋言心 〜こいごころ〜 (マーガレットコミックス)

桜乃 みか / 集英社

スコア:

元カレに手ひどく振られたショックで話せなくなってしまった女の子の新しい恋のお話。
他の短編もちょっと変わった設定で、読ませる一冊です。
まだ新人さん?
初めての連載は暗い話→次の連載は爽やかな良作で人気上昇、の予感。
[PR]
by tamaki_jnb | 2010-10-29 08:18 | 恋愛

アスコーマーチ! 1 (マーガレットコミックス)

アキヤマ 香 / 集英社

スコア:

アスコーマーチ!1
受験に失敗し、不本意に工業高校に入学した女の子のお話。
主人公は裏表なくて元気で真っ直ぐな子。
脇役の男の子達が個性的で読ませます。
それぞれ思いやら志やらを持って進学して来てて、
始めは「なんでこんなところに来ちゃったんだろー007.gif」と
ぐずぐずしてた主人公が生き生きとしてきます。
男子と女子に友情は成り立つのか?って、ここでは成り立ってます。

結界師 31 (少年サンデーコミックス)

田辺 イエロウ / 小学館

スコア:

結界師31
まだまだ謎は深い。
[PR]
by tamaki_jnb | 2010-10-26 08:17 | 少女

鬼畜眼鏡 (ビーボーイスラッシュノベルズ)

TAMAMI / リブレ出版

スコア:

18禁BLゲームのノベライズ。御堂×克哉ルートです。ゲームと同じように、クライマックスのシャワーを浴びながらの告白シーンがよかったです。

鬼畜眼鏡-克哉×御堂編 (スーパービーボーイコミックス)

みささぎ 楓李 / リブレ出版

スコア:

こちらは克哉×御堂のコミカライズ版。御堂が何故落ちたか?が、このゲーム最大の謎で、
この一冊で分かったような、わからないような…
御堂×克哉ルートで、克哉が落ちたのと同じ理由?
e0174548_1973638.jpg
どういうわけかタグが貼れなかったので表紙の画像だけ。
good endの後日譚の小説短編集。非常に甘いです。
眼鏡克哉のどSぶりは相変わらずですが、本編ゲームでより、愛ある悪戯というか、
茶目っ気が感じられます。
本編での鬼畜ぶりにはほんと参りました。

ノマ克はかわいいですね!
ED後の本多×克哉は子犬がころころじゃれてるみたいで、楽しいです。

でもやっぱり一番好きなのは御堂×克哉。
御堂さんのすねた意地悪とか、エロい意地悪とか、
それに克哉がいちいち本気でオロオロしたり、まんま御堂さんの思い通りに腰砕けになっちゃったり、
でも仕事ではぴったり息が合ってたりってのがいいです。
どんだけお互い好きなんですか? ごちそうさま
[PR]
by tamaki_jnb | 2010-10-24 19:20 | BL

ましろのおと(1) (月刊マガジンコミックス)

羅川 真里茂 / 講談社

スコア:

ましろのおと1
羅川 真里茂さん少年誌に発表してます。
雪と若菜、大人っぽく見える兄弟です。(若菜は老けてる001.gif
男の子が自分の世界の欠けを満たすため世の中にさ迷い出るお話。
続きが楽しみになる1巻です。

バクマン。 10 (ジャンプコミックス)

小畑 健 / 集英社

スコア:

バクマン。10
毎度毎度1冊読み終えるのに時間かかる。
思春期の男の子は学校で揉まれて、次に社会で揉まれるのに、
いきなり社会で揉み揉みされてます。
少年のひたむきさそのままにたくましくなってく姿がいいです。
[PR]
by tamaki_jnb | 2010-10-24 07:44 | 少年

ひらひらひゅ〜ん (4) (WINGS COMICS)

西 炯子 / 新書館

スコア:

ひらひらひゅ~ん4
boy meets boyの話でした。
かけがえない相手の出会い、セクシャリティ、
少年期の終わりの胸苦しさと爽やかさが両方描かれてます。

恋と愛(2) (デザートコミックス)

真崎 総子 / 講談社

スコア:

恋と愛2
ほんと不思議な作家さんだ… 2巻もヘビーな展開なのに、軽妙で湿度の低い。
[PR]
by tamaki_jnb | 2010-10-24 00:38 | 少年
西 炯子さんのコミカルなの2作。

ふわふわポリス (フラワーコミックスアルファ)

西 炯子 / 小学館

スコア:

でこぼこ婦警コンビが町の小さな事件をテンポよく解決します。

ちはるさんの娘(1) (アクションコミックス)

西 炯子 / 双葉社

スコア:

おかあさんの力の抜け加減がいいです。
[PR]
by tamaki_jnb | 2010-10-24 00:13 | コミカル
うふ 2冊ならべちゃお。
始めは、同じころに連載始まって同じアイスダンスで、トラウマ抱えたヒロインで、
似てるなーって思ってましたが、全然違うお話になっていきました。
両方面白いです。盛り上がってます。
で、両方ともすごいリフトを披露してます。

アイスフォレスト 8 (フラワーコミックスアルファ)

さいとう ちほ / 小学館

スコア:

アイスフォレスト8
恋愛に突っ走るんじゃないんですよね。切ない。

キス&ネバークライ(9) (講談社コミックスキス)

小川 彌生 / 講談社

スコア:

キス&ネバークライ9
恋愛の点では、こちらはほのぼの。みちる強くなったね。がんばれがんばれ。
[PR]
by tamaki_jnb | 2010-10-23 08:17 | スポーツ

読書感想文書き散らし


by tamaki_jnb