<   2008年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

金魚屋古書店1-7

金魚屋古書店 1 (1) (IKKI COMICS)

芳崎 せいむ / 小学館

金魚屋古書店1-7
この作品に取り上げられてるコミックはほとんど読んだことないです。マンガの海の広さと深さよ。
[PR]
by tamaki_jnb | 2008-10-30 21:55

はるか17 (Volume1) (モーニングKC (932))

山崎 さやか / 講談社

はるか17 1-19
ひょんなことから芸能界入りして女優になったはるかの物語。一気読みして寝不足になりました。

高校デビュー (1) (マーガレットコミックス (3728))

河原 和音 / 集英社

高校デビュー 1-12
この作品も寝不足にさせられました。こんなふうな
「『好き』っていう気持ちを大事にする」「あきらめない」ってことを描いた
優れた少女漫画が続々と出たら、うっかり負け犬になっちゃう女の子の減少と
少子化の歯止めになるのではと期待してます。
[PR]
by tamaki_jnb | 2008-10-27 22:12 | 女性

シマシマ

シマシマ 1 (1) (モーニングKC)

山崎 紗也夏 / 講談社

シマシマ1-2
シオと添い寝屋の男の子たちとのつかず離れずの関係がいいです。
周りの男性キャラと、恋人になるかならないかの二択じゃなくて、
親密さを保ちながらむやみに立ち入らないのが心地いいです。

数時間枕を並べて眠る、
同じ場所で体と心を休めて翌日またそれぞれ活動するってことも、
絆の一つかもなぁと思いました。
[PR]
by tamaki_jnb | 2008-10-27 00:12 | 女性

榎本ナリコ+野火ノビタ 1 (1) (アクションコミックス)

榎本 ナリコ / 双葉社


榎本ナリコ+野火ノビタ 1-3
うーん?? どんなだったか覚えてないや 汗

八雲立つ 第1巻 (1) (白泉社文庫 い 1-18)

樹 なつみ / 白泉社

八雲立つ1-19
日本の神話時代と現代を行ったり来たりのスペクタクルでした。
[PR]
by tamaki_jnb | 2008-10-21 20:48 | ファンタジー

カーニヴァル (1) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

御巫 桃也 / 一迅社


おれは魔物とくらしてる ルノアール兄弟作品集

ルノアール兄弟 / 太田出版

誉めてる書評があったので買いましたが、3Pで挫折。よっぽど相性が悪いんですね…

イルゲネス‾黒耀の軌跡 1 (1) (BLADE COMICS)

桑原 水菜 / マッグガーデン

素晴らしく綺麗な絵でした。
[PR]
by tamaki_jnb | 2008-10-19 16:42 | ファンタジー

「いい人」が損をしない人生術 (PHP新書)

斎藤 茂太 / PHP研究所

前書きに「これまでの著作から、「いいとこどり」をした本」とあったので、お得だ!と思い、読んでみました。
斉藤先生がどの本にも繰り返し書いたのは
笑顔で生きよう。
「いい人」でありたい。
だそうです。
この本も面白い具体例を交え、手を変え品を変え、
気持ちが前向きになれ、人の気持ちも自分の気持ちも損なわずにすむ小さな工夫が書かれています。
[PR]
by tamaki_jnb | 2008-10-19 16:24 | 生き方

君と僕。 6 (ガンガンコミックス)

堀田 きいち / スクウェア・エニックス

線一本当たりの単価が高そうです。

おおきく振りかぶって Vol.11 (11) (アフタヌーンKC)

ひぐち アサ / 講談社


放浪息子 (8) (BEAM COMIX)

志村 貴子 / エンターブレイン


[PR]
by tamaki_jnb | 2008-10-18 16:36 | 少年

女王の花 1 (1) (フラワーコミックス)

和泉 かねよし / 小学館


せいせいするほど、愛してる 1 (1) (プチコミフラワーコミックス)

北川 みゆき / 小学館

せいせいするほど、愛してる 1-6
北川みゆきさんの作品。この、ありえないだろう!という設定、妄想炸裂の世界を、ぐいぐい読ませるのは、皮肉でなく、この作家さんの才能です。
ヒロインの中途半端な有能っぷりは、もうひと工夫を希望します。
[PR]
by tamaki_jnb | 2008-10-18 16:31 | 恋愛

NO.6 #7

NO.6〔ナンバーシックス〕#7 (YA!ENTERTAINMENT)

あさの あつこ / 講談社

首を長くして待ち焦がれて、読むのはあっという間。手の込んだお料理を食べるときと同じです。
[PR]
by tamaki_jnb | 2008-10-14 16:30 | ファンタジー

ギラギラ 5 (5) (ビッグコミックス)

土田 世紀 / 小学館


ギラギラ 1-7
佐々木蔵之助さんでドラマ化されるのと、久しぶりに土田世紀さんの物語が読みたかったので借りました。
生き馬の目を抜くホストの世界で浪花節・人情を大切にする主人公のホスト道を貫く話です。
面白く読みました。が、ラストは「?」でした。ドラマは3話くらいまで見ました。

ボクを包む月の光―ぼく地球次世代編 (6) (花とゆめCOMICS (3306))

日渡 早紀 / 白泉社


ボクを包む月の光 6巻
5巻読んでなかった… うーん、もういいかな。 ギラギラと違う食感の組み合わせでした。
[PR]
by tamaki_jnb | 2008-10-10 20:41 | ファンタジー

読書感想文書き散らし


by tamaki_jnb