カテゴリ:暮らし( 3 )

喰う寝るふたり 住むふたり 1(ゼノンコミックス)

日暮 キノコ / 徳間書店

スコア:

喰う寝るふたり 住むふたり 1-3
のんちゃん優しいなぁ!
「女の人はエッチできる年数が限られてると思うんだよね 」って台詞が、よく言ってくれた!と思いました。
それを冴えないおっちゃんに言わせるのが全くいい。
[PR]
by tamaki_jnb | 2016-08-30 23:27 | 暮らし
共に、暮らしを見直して心も体も軽くなりましょうのいう本。

常識やぶりの「家事半分」術―心の負担を半分にする

佐光紀子 / PHP研究所

スコア:

こちらは家事の「常識」とされているもの、ほんとに必要?と投げかける一冊。
また家族、主に子供を家事に巻き込んでゆく方法も書かれてます。
ママは家事が苦手ということ、献立を相談する、得意なことを任せるなど。
天気の変化に敏感な長男さんに雨が降り始めたときの洗濯物の取り込みを任せていて、
駅から猛ダッシュで帰宅、ベランダに駆け込んでミッション完了させたお話にはときめきました。

横森理香 50代から もっと幸せ

横森 理香 / 主婦の友社

スコア:

気力体力が低下するのにどう付き合っていくか、横森さんは宅配や外注、セールでのまとめ買いなどで省力化。
そして心の元気を保つための気の持ちよう、
手軽で続けやすい美容、相性が良くて先生までになったベリーダンスなどなど。
こういう本の著者はエネルギッシュな方が多いのですが、
横森さんは「体力がない」をはっきりおっしゃってて、いろいろ共感するところが多かったです。
お買い物は目的の数か所だけまわって、うろうろウインドウショッピングはしないこととか。
[PR]
by tamaki_jnb | 2016-05-04 14:26 | 暮らし

颯爽な家政婦さん (ジュールコミックス)

小池田 マヤ / 双葉社

スコア:

里さんの仕事見ると、
物事は手際よく効率求めて進めるべきことと、時間薬を効かせるべきことがあるのだなーと思います。
柔軟性と軸足ぶれない両方成り立ってるのも里さんかっこいいー!と毎度思います。

続 数寄です! 1 (愛蔵版コミックス)

山下 和美 / 集英社

スコア:

続 数寄です! 1
大嫌いと言いつつgkblを数ページにわたって描くのは、漫画家さんの矜持なのかな…
新居に竣工前に暮らし始め、暮らしが整ってく、新しい家から始まる新しいお付き合い、
新たな好奇心から広がる世界が描かれてました。
[PR]
by tamaki_jnb | 2015-11-10 08:15 | 暮らし

読書感想文書き散らし


by tamaki_jnb