カテゴリ:動物( 21 )

猫ピッチャー 4

そにしけんじ / 中央公論新社

スコア:

猫ピッチャー 4
4巻でもみんなみーちゃんにメロメロ。

ねこ戦 三国志にゃんこ (単行本コミックス)

そにしけんじ / KADOKAWA/角川書店

元ネタの三国志を知ってたら一段と面白かったのだろうな。
[PR]
by tamaki_jnb | 2016-03-27 01:14 | 動物

いくえみ綾&くるねこ大和のねこあるある

くるねこ 大和 いくえみ 綾 / 幻冬舎

スコア:

対談の、絵描きならではのこだわり、ジャンプした瞬間の少しだけ見える肉球の描き方など、へえーでした。

そろえてちょうだい? 4 (フィールコミックス)

いくえみ 綾 / 祥伝社

スコア:

そろえてちょうだい? 4
順調に巻を重ねてます。
多頭飼いだからよけい個性が分かるのかな。猫関係が面白いです。
遠慮しいのコチャブちゃんおかしい。
[PR]
by tamaki_jnb | 2016-03-27 00:57 | 動物

それでも猫は出かけていく

ハルノ 宵子 / 幻冬舎

スコア:

濃い猫との暮らし語り。

先生、ワラジムシが取っ組みあいのケンカをしています!: 鳥取環境大学の森の人間動物行動学

小林 朋道 / 築地書館

スコア:


[PR]
by tamaki_jnb | 2015-09-23 22:34 | 動物

脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体 (幻冬舎新書)

中野 信子 / 幻冬舎

スコア:

生物個体は遺伝子が自らのコピーを残すために一時的に作り出した「乗り物」に過ぎないって考え方を知った時、
泣いたり笑ったり営んでる暮らしは細胞に潜む核酸の指揮なのかい!と
衝撃と脱力感をくらいまして、
この本では、あはー脳みその中で染み出る微量な物質に牛耳られてるのかー
と思いつつ、この分泌はどうやら出すコツを会得できそうで、
ならば楽しく生きられそうではないか!と思いました。

あなたの知らない精子競争―BCな世界へようこそ (文春文庫)

竹内 久美子 / 文藝春秋

スコア:

精子が卵子に侵入するための戦略が書かれてます。
その巧みさしたたかさと、優れた精子を迎えるための雌側の防御の巧みさに舌を巻きます。
[PR]
by tamaki_jnb | 2015-07-15 23:22 | 動物

山賊ダイアリー(6) (イブニングKC)

岡本 健太郎 / 講談社

スコア:

山賊ダイアリー(6)
猪と鹿の合挽食べてみたい。 まずは塩で、次は味噌で。

銀の匙 Silver Spoon 13 (少年サンデーコミックス)

荒川 弘 / 小学館

スコア:

銀の匙 Silver Spoon 13
今を大切にすると次が開けるワクワクが続いてます。
[PR]
by tamaki_jnb | 2015-07-07 07:51 | 動物

そろえてちょうだい?(3) (フィールコミックス) (Feelコミックス)

いくえみ 綾 / 祥伝社

スコア:

そろえてちょうだい?(3)
いくえみせんせいと猫たちの愛と愛と愛と愛の日々3巻です。
猫は一年で大人になっちゃうし、人間の子供と違って幼稚園にも学校にも行かないのに、
3巻になってもネタが切れません。多頭飼いで猫関係が多彩なのと、いくえみ家にお母様とだんなさんがいて
関わりが多重なこともありながら、
やっぱり愛と観察眼のたまものです。
新しいにゃんこを迎え、4巻も期待してます♪

ねこまた。 1 (芳文社コミックス)

琥狗ハヤテ / 芳文社

スコア:

ねこまた。 1
琥狗ハヤテさんがお好きな動物と武士を一緒に書いちゃった作品。
[PR]
by tamaki_jnb | 2014-03-20 00:56 | 動物

飼い喰い――三匹の豚とわたし

内澤 旬子 / 岩波書店

スコア:

「家畜を食べること」を書く内澤さんの、世界屠畜紀行に続く一冊。3頭の豚を一年育て、食べるまでです。
豚を飼うために家を探し豚舎を建て引っ越し、それぞれに名前を付け、丁寧に一緒に暮らします。

素人の視線が新鮮で面白い。
豚それぞれの個性や豚同士の関係の観察。
初体験からの戸惑いや、周りを巻き込んで不都合を乗り越えてくのがたくましく面白いです。

情をかけて育てるけれど、屠場へ送るのに躊躇はありません。
隅々まで丁寧に食べます。

野生動物管理のための狩猟学

朝倉書店

スコア:

狩猟「学」です。 野生動物とどう付き合うかを狩猟の角度から考える学問です。
人間が野山に手を入れたために 野生動物の世界と私たちの世界の間に起こった齟齬。 それを解決する手段として「狩猟」をどうしていこうか、 始まったばかりの学問ですので、この本もちょっと纏まりに欠けます。 固い論文風と軽いコラム風の分が両方入ってたり(^^)

人とかかわりを持ったために崩れた数のバランスを整えるのと、
農作物被害対策のために野生動物を狩ります。

今の日本の狩猟の問題は、
狩猟活動を猟友会に頼っていること、
ハンターが高齢化しているが、狩猟の免許を取るのに約一年かかることもあり、減少の一途ということ、
生態と猟を熟知した専門家の誕生が望まれること、
 農家が狩りをしてほしい時期と、肉の旨みが増してハンターの望む猟期が重ならないことなど。

なるほどなーと思ったのは、ジビエという資源として考えられること。
また、数の調節なら 不妊手術って選択肢も無くはないということ。
[PR]
by tamaki_jnb | 2014-01-19 23:54 | 動物

とりぱん(15) (ワイドKCモーニング)

とりの なん子 / 講談社

スコア:

とりぱん(15)

山賊ダイアリー(4) (イブニングKC)

岡本 健太郎 / 講談社

スコア:

山賊ダイアリー(4)
イノシシに槍でとどめを刺すところ、淡々と描かれてますが、心臓バクバクだったと思います。
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-12-01 07:58 | 動物

山賊ダイアリー(3) (イブニングKC)

岡本 健太郎 / 講談社

スコア:

山賊ダイアリー(3)
3巻でも食べてます。鹿は旨いよね!! すっぽん、やっぱり美味しいんだ… 食べてみたい

とりぱん(14) (ワイドKC)

とりの なん子 / 講談社

スコア:

とりぱん(14)
もう14巻なんだねぇー。目指せサザエさん。
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-04-29 00:46 | 動物

ひねもす老猫生活

ほし わにこ / パーゴルフ

スコア:

19歳の猫「さわら」との暮らしあれこれ、同居猫「いわし」を見送ったこと、老猫のお世話、老猫と暮らす人々のことをユーモラスに暖かく描いたコミックエッセイです。

さわらくんははたちになった後、飼い猫の仕事を全て済ませていわしくんのところに行きました。
新しい年を一緒にむかえようねというご家族の気持ちにこたえて
お正月しばらくしてから行くという孝行猫でした。
ほしわにこさんのブログです。 http://hinemosu184.blog.fc2.com/

花福ねこ日記

花福こざる / イースト・プレス

スコア:

こちらは、直角くん15歳~19歳の日々です。
直角くんと暮らしてたお連れ合いのお父さんが入院することで始まった、直角くんとの愛の日々。
猫との暮らしの新鮮さ、猫が拡げてくれる世界が詰まってます。

そして、ゆっくり弱ってゆき、お別れの日が来ます。
ゆっくりそっと行ってしまった直角くんでした。
[PR]
by tamaki_jnb | 2013-02-04 23:03 | 動物

読書感想文書き散らし


by tamaki_jnb