スイート☆ミッション1-8/魔法を信じるかい?/娚の一生 1/オレたちバブル入行組

スイート・ミッション 1 (1) (マーガレットコミックス)

藤井 明美 / 集英社

スイート☆ミッション1-8
面白かったです。優等生俺様キャラはいろんな作品でいますが、夏君はピカ1です。
迷いが無くて、ヒロインを愚直に好きなところがいいです。
でも、なんで灯里がいいんだろう?
夏君が灯里に「好き」って言うところまでこの作品独特の勢いがありました。それ以降は、普通の少女漫画の展開です。面白いけどね、訳わかんないエネルギーは薄くなってます。

魔法を信じるかい? (1) (りぼんマスコットコミックス―クッキー (1249))

谷川 史子 / 集英社

魔法を信じるかい?全3巻
あとがきにあったように、それまで谷川さんになかった男性キャラが出てきます。魅力的な子でした。
始めに好きだった男の子のことをしみじみ見つめるヒロインの心境に共感しました。
作品としては、ちょっと散漫でした。
e0174548_2030428.jpg

娚の一生 1 (フラワーコミックスアルファ)

西 炯子 / 小学館

娚の一生 1
インテリ男性のフェロモンを感じました。次巻が楽しみです。

オレたちバブル入行組 (文春文庫)

池井戸 潤 / 文藝春秋

上司の罠にはめられた融資課長の復讐劇です。
バブル期に素朴な志を持って都市銀に就職した男たちの、中堅層になったときの生き様あれこれでもあります。
「銀行という組織は、全てがバッテン主義だ。」
銀行という組織独特の熾烈な出世レース、その中で働く仕事への思い。
主人公の半沢が中途半端にいい人じゃないのが魅力でした。
[PR]
by tamaki_jnb | 2009-03-12 20:31 | 恋愛